G《リアル24》Ver.6のご紹介

 【8】 発売後1か月の成績

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

発売後1か月間の条件表No.65の成績


現在のところ条件表は、約110本の条件表が設定されていますが、設定のしかたによって6つのグループにわかれています。
  1. 15本のトリガー条件表(パラメータは売買とも同じ数字)

  2. 15本の売買別にパラメータを変えた15本のトリガー条件表

  3. ギャップを調整したときに使う15本のトリガー条件表

  4. @のトリガーについて「オートマ」で局面を絞った16本の条件表

  5. ギャップを調整したときの「オートマ」で局面を絞った17本の条件表

  6. 寄り引け売買のための16本の条件表
右図はBのギャップを調整したデータを使うときの条件表です。タイトルの先頭に「GP」の符号がついているのはギャップを調整したときに使う条件表であることを意味しています。

《リアル24》Ver.6は2016年3月30日から発売を始めましたが、その後のひと月のトレードがどのようになったかを掲げます。

@日経ミニの5分足を使う(ギャップの調整をする)


1)使うデータは、日経ミニの5分足。これはギャップ調整をしたものを利用します。

2)条件表は上図のNo.65「GP 新値突破」を使っています。

ギャップ調整とは前日の終値と当日の始値が同じ株価水準になるように、前日以前の株価を上下に移すことです。

2016年4月22日の終値(15:15)(x)は17570円で、次の日4月25日の始値は17630円でした。+60円のギャップが空いたわけです。+60円くらいではあまりグラフの形に影響を与えませんが、+200円とか300円のギャップが空くこともあります。この場合は始値の段階で大きなグラフの変化があったとして、売買マークがでることが多くあります。


チャートから売買マークを出すときは、ギャップを調整しておくと、1本の分足(前日終値と当日始値)に違いがでないので、売買マークは素直な位置ででやすくなります。

ギャップを調整するとは、+60円のギャップが空いたときは前日以前の株価を全部+60円嵩上げする。逆に当日始値が前日終値よりも-100円安く始まったときは、前日以前の株価を全部-100円引き下げる。ということです。

これは人が調整する必要はなく、@の「G」の絵をクリックすると、自動的にギャップが調整されます。ギャップを調整しているデータのときは、Aの「年月日」の欄が空色になります。

ギャップが調整されるのは前日以前のデータなので、当日の株価は何の変更も加えられていません。当日のグラフは現実の株価です。

A売買ルールは単純にして指値注文でトレードする


3)売買ルールは、@0.8%で利食いする、A-0.6%で損切りする、それができないときは大引けで決済する、という簡単なものです。

4)仕掛けは指値注文を出する。約定できるまでだいたい20本(5分足なので100分間)くらいは待つ。

注文の出し方は、@売買マークが出て、次の足が始まったら、次の足の始値で指値注文を出します。

図の(a)で売りマークが出ていますが、次の足(b)が始まったら、(b)の始値(17435円)で売り指値を出します。その後株価は17435円より高くなっっているので、売り指値は約定します。


この日は利食いも損切りもできそうでなかったので、大引けで決済します。大引け17450円でした。売値が17435円だったので-15円の損失です。

Bグラフで見るデイトレの結果

条件表No.65「新値突破」は4月1日から10日ほどの成績が最もよかった条件表です。(悪い条件表もありますが、毎日どの条件表がよかったのかを調べると、明日使うべき条件表はわかります)グラフは(ギャップ修正)をしているので、ギャップを修正していない現実の株価と損益を掲げます。



2016年4月1日
(A)16475円売り→(a)16340円で利食い(+135円)
(B)16335円売り→(b)16195円で利食い(+130円)
(C)16140円売り→(c)16175円で大引け(-35円)

2016年4月4日
(D)6080円売り→(d)16055円で大引け(+25円)



2016年4月5日
(E)15995円売り→(e)15865円で利食い(+130円)
(F)15860円売り→(f)15730円で利食い(+130円)
(G)15725円売り→(g)15720円で大引け(+5円)

2016年4月6日
(H)15665円売り→(h)15760円で損切り(-95円)
(I)15690円売り→(i)15735円で大引け(-45円)



2016年4月7日
(J)15800円買い→(j)15705円で損切り(-95円)

2016年4月8日
(K)15535円買い→(k)15660円で利食い(+125円)
(L)15715円買い→(l)15845円で利食い(+130円)
(M)15885円買い→(m)16015円で利食い(+130円)



2016年4月11日
(N)15535円売り→(n)15630円で損切り(-95円)
(O)15695円買い→(o)15600円で損切り(-95円)
(P)15745円買い→(p)15740円で大引け(-5円)

2016年4月12日
(Q)15865円買い→(q)15930円で大引け(+65円)



2016年4月13日
(R)16225円買い→(r)16355円で利食い(+130円)
(S)16365円買い→(s)16420円で大引け(+55円)

2016年4月14日
(T)16760円買い→(t)16895円で利食い(+135円)



2016年4月15日
(U)16790円買い→(u)16925円で利食い(+135円)
(V)16815円売り→(v)16760円で大引け(+55円)

2016年4月18日
(W)16265円売り→(w)16320円で大引け(-55円)



2016年4月19日
(A)16845円買い→(a)16865円で大引け(+20円)

2016年4月20日
(B)17080円買い→(b)16975円で損切り(-105円)
(C)16955円売り→(c)16875円で大引け(+80円)


2016年4月21日
(D)17240円売り→(d)17345円で損切り(-105円)
(E)17355円買い→(e)17400円で大引け(+45円)

2016年4月22日
(F)17325円買い→(f)17465円で利食い(+140円)



2016年4月25日
(G)17430円売り→(g)17450円で大引け(-20円)

2016年4月26日
(H)17320円売り→(h)17300円で大引け(+20円)



2016年4月27日
(I)175305円売り→(i)17265円で大引け(+40円)

2016年4月28日
(J)17555円買い→(j)(17235円)で損切り(-320円)
(K)16575円売り→(k)16675円で損切り(-100円)

通常なら(J)の損切り水準は17445円なので、損切りをしたとしても-110円の損失にしかなりません。ところが今日は、日銀の金融政策が現状維持であったために失望売りがどっとでて急落。17445円の損切りの逆指値は、@株価が17445円になったら、A成り行き売りに変えて決済するというものです。

17555円がついた次は17515円(859枚)、その次は17400円(2780枚)なので、この時点で成り行き売りの注文に切り替わります。次の値段は17235円(7201枚)、次は17230円(3207枚)。したがって17235円で損切りができたとしました。通常なら損切りによる損失は-100円〜-110円程度ですが、今日は異常な売りパニックとなったので損失が-320円と拡大しました。

Cトレードの成績

上のグラフのトレードの成績をまとめました。

No. 年月日 仕掛 株価 決済 株価 損益 累計損益 勝敗
1 2016年4月 1日 売り 16475円 利食い 16340円 +135円 +135円 1勝 0敗
2 2016年4月 1日 売り 16335円 利食い 16195円 +130円 +265円 2勝 0敗
3 2016年4月 1日 売り 16140円 大引け 16175円 -35円 +230円 2勝 1敗
4 2016年4月 4日 売り 16080円 大引け 16055円 +25円 +255円 3勝 1敗
5 2016年4月 5日 売り 15995円 利食い 15865円 +130円 +385円 4勝 1敗
6 2016年4月 5日 売り 15860円 利食い 15730円 +130円 +515円 5勝 1敗
7 2016年4月 5日 売り 15725円 大引け 15720円 +5円 +520円 6勝 1敗
8 2016年4月 6日 売り 15665円 損切り 15760円 -95円 +425円 6勝 2敗
9 2016年4月 6日 売り 15690円 大引け 15735円 -45円 +380円 6勝 3敗
10 2016年4月 7日 買い 15800円 損切り 15705円 -95円 +285円 6勝 4敗
11 2016年4月 8日 買い 15535円 利食い 15660円 +125円 +410円 7勝 4敗
12 2016年4月 8日 買い 15715円 利食い 15845円 +130円 +540円 8勝 4敗
13 2016年4月 8日 買い 15885円 利食い 16015円 +130円 +670円 9勝 4敗
14 2016年4月11日 売り 15535円 損切り 15630円 -95円 +575円 9勝 5敗
15 2016年4月11日 買い 15695円 損切り 15600円 -95円 +480円 9勝 6敗
16 2016年4月11日 買い 15745円 大引け 15740円 -5円 +475円 9勝 7敗
17 2016年4月12日 買い 15865円 大引け 15930円 +65円 +540円 10勝 7敗
18 2016年4月13日 買い 16225円 利食い 16355円 +130円 +670円 11勝 7敗
19 2016年4月13日 買い 16365円 大引け 16420円 +55円 +725円 12勝 7敗
20 2016年4月14日 買い 16760円 利食い 16895円 +135円 +860円 13勝 7敗
21 2016年4月15日 買い 16790円 利食い 16925円 +135円 +995円 14勝 7敗
22 2016年4月15日 売り 16815円 大引け 16760円 +55円 +1050円 15勝 7敗
23 2016年4月18日 売り 16265円 大引け 16320円 -55円 +995円 15勝 8敗
24 2016年4月19日 買い 16845円 大引け 16865円 +20円 +1015円 16勝 8敗
25 2016年4月20日 買い 17080円 損切り 16975円 -105円 +910円 16勝 9敗
26 2016年4月20日 売り 16955円 大引け 16875円 +80円 +990円 17勝 9敗
27 2016年4月21日 売り 17240円 損切り 17345円 -105円 +885円 17勝10敗
28 2016年4月21日 買い 17355円 大引け 17400円 +45円 +930円 18勝10敗
29 2016年4月22日 買い 17325円 利食い 17465円 +140円 +1070円 19勝10敗
30 2016年4月25日 売り 17430円 大引け 17450円 -20円 +1050円 19勝11敗
31 2016年4月26日 売り 17320円 大引け 17300円 +20円 +1070円 20勝11敗
32 2016年4月27日 売り 17305円 大引け 17265円 +40円 +1110円 21勝11敗
33 2016年4月28日 買い 17555円 損切り (17235円) -320円 +790円 21勝12敗
34 2016年4月28日 売り 16575円 損切り 16675円 -100円 +690円 21勝13敗

4月の立会い日数は20日間。34回のトレードで21勝13敗。勝率61.7%、平均利益は20.3円。4月28日の急落がなければ平均利益は30円くらいになったろうし、累計利益は+1000円を超えていたでしょう。まあこういうことも起きるので、約定したらまずは損切りの逆指値を出しておくことです。

D夜間取引は15:15にいったん決済する



図は2016年4月27日の日経ミニ(5分足)のグラフです。

取引マークは、(A)17305円で売りとなっています。17305円で売り指値を出しておけば約定します。 その後15:15の大引けまで、+0.8%の利食いも、-06%の損切りもできなかったので、15:15の大引けで決済します。 大引けは(a)17265円でした。(+40円)の利益です。

次に16:30からの夜間のデータを受信していると、(B)が買いマークが出ました。(B)の次の足の始値は17330円であることを確認してから、17330円の買い指値を出しておくと約定します。

その後27:00(深夜3:00)の夜間の引けまで、+0.8%の利食いも、-06%の損切りもできなかったので、27:00の大引けで決済します。 大引けは(a)17395円でした。(+65円)の利益です。

このように日中のトレードは15:15にいったん決済をしておいて、夜間は新しく売買マークがでるのを待つのがよいと思います。

これまでは、15:15に時刻の決済をしたら、「それ以降の仕掛けはしない」というルールだったので、夜間のトレードをする人は(15:15に決済する)のチェックをはずしてきました。

しかしそれだと、上図の(A)の売りの仕掛けは15:15に決済しないで、夜間に引き継がれてしまいます。(B)からは株価が上昇しているので17410円で損切りすることになります。

今は15:15に決済したら「その後トレードを再開する」というルールなので、上図のように日中で1トレード、夜間で1トレードができます。

E2016年4月以降の成績

2016年4月の成績はC「トレードの成績」の通りですが、これは1か月だけの成績収まりません。その後の5月〜7月の成績については、先物講座 No.13 《リアル24》を使った5分足のデイトレのしかたをご覧ください。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..