I《Qエンジン》のサポートについて
 【10】《Qエンジン》のサポートについて

HP目次へ.. 紹介目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ.. QE24ヘルプ(マニュアル)

《カナル》を発売したのは、1996年2月のことです。《Qエンジン》はそれから3か月後の1996年5月に発売しました。《Qエンジン》の役割は主として次のものです。
  1. 「検証」の機能...《カナル》で使う条件表の成績を調べる。(現在はカナルにもある)

  2. 「最適化」の機能...条件表に設定するパラメータや以上以下の数値をみつける。(カナルにはない)

  3. 「最適売買ルール」の機能...最も良い成績を出すにはどういう売買ルールにすればよいのかを見つける。(カナルにはない)

  4. 「適合銘柄ランキング」の機能...その条件表を使ってよい成績を出した銘柄は何だったのかを探す。(カナルにはない)

  5. 「オートマ」の機能...どういうチャート組み合わせればよいのかを発見し、条件表を自動的に作ってくれる。(カナルにはない。
これら機能は一朝一夕にできたものではありません。20年間かけて今のような精緻なソフトに発展してきたのです。特に「オートマ」は今はやりのディープラーニングの手法は使っていませんが、AIといっても過言ではありませんでした。

《Qエンジン》も《カナル》と同じく11度のバージョンアップをしています。そのたびに《Qエンジン》の性能は上がり、これに合わせてヘルプ(マニュアル)を追加したから、ヘルプの量は大きなものになりました。だが《Qエンジン》の役割は《カナル》ほど広くはありません。ヘルプのどこを見ればよいのかは比較的簡単に見つけることができます。

【1】サポートとはヘルプのどこを見ればよいのかを回答することです

《Qエンジン》の操作の仕方や、《Qエンジン》でできることは、ヘルプに網羅されています。 ヘルプは知りたいことに応じて、次の分野のヘルプを用意しています。
  1. 《Qエンジン》操作事典の目次をみれば、どこを参照すればよいのかの見当が付きます。186章あります。(ユーザーでなくてもヘルプを読めるのでHPでご覧ください)

  2. 使い方ガイド。これは《Qエンジン》ができることを掲げたものです。これを読むことによって、《Qエンジン》の全体像がつかめ、何ができて、何ができないのかのおおよそがわかります。12章あります。

  3. チャート事典には《カナル》や《Qエンジン》で設定できるチャート(加工)175種類について、チャートごとに解説をしています。ここには設定例も掲げてあるので、これを手本にすれば条件表の設定ができます。またどういうパラメータにし、どういう以上以下の数値にすればよいのかのよいヒントになります。

    上記のヘルプを参照しても、問題が解決しない場合はメールで質問してしてください。電話での質問は基本的にいたしません。(2分以内に終わるものならOKです)

    メールで質問が寄せられたとき、見るべきヘルプの番号(ヘルプには章ごとに番号が振られています)を回答しますから、当該の番号の章をお読みください。必ず問題は解決します。

  4. 質問は明瞭・簡潔にお願いします。@何についての質問なのか?Aどういう操作をして行き詰まっているのか?Bどういう症状がでているのか?がわからないと回答することができません。次にメールに書くべき内容を掲げているのでご覧ください。

【2】トラブルの解決のしかたの質問メールの内容

  1. 何をしようとしているのか?
  2. どの画面(画面の最上部に画面のタイトルがあります)で、
  3. どういう操作をしたときに、
  4. どういうメッセージがでているのか?

    を教えてください。コメントと、原因と解決のために見るべき操作事典のヘルプの番号を回答します。

【3】最適化やオートマについての質問メールの内容

「検証」「最適化」「最適売買ルール」「オートマ」はすべて《カナル》で使う条件表の性能をあげるためのものです。目的がはっきりしているので、意外にも質問の数は多くありません。質問の多くは細かなノウハウ的なものです。
  1. 「検証」についての質問の多くは、@どういう売買ルールにしたらよいのか?A利食いや損切りをすべきなのか?B損益経過の数字の見方、C年別成績の見方、D損益経過グラフの見方、などです。

  2. 「最適化」についての質問の多くは、@パラメータを変化させる範囲や変化のキザミはどのようにすればよいのか、A売買条件の「以上以下」の数値の範囲や変化のキザミはどうすればよいのか、B以上と以下のどちらを使えばよいのか、Bどういう売買ルールで最適化するのがよいのか?、などです。

  3. 「オートマ」についての質問の多くは、@どいうトリガー条件表を使えばよいのか?Aどの計算用条件表を使うのか?Bできた条件表はどの程度のトレード数があればよいのか?、などです。とにかくユーザーが指定するものは少ないので、質問することは多くありません。
これらについては、そのままメールでご質問下さい。コメントと見るべき操作事典やチャート事典のヘルプの番号を回答します。
  1. 「最適化」の場合は、最適化したい条件表があるはずなので、条件表の梱包ファイルを作り、メールのに添付してもらえると、@どことどこのパラメータを変化させるべきか、A売買条件(以上・以下)はどれを変化させるのがよいのかの、コメントができます。
    (梱包ファイルの作り方は《カナル24》操作事典の1345 条件表を梱包するを参照してください)

    梱包ファイル名は cj4114-d.jkn (4114の初めの4は(拡張4)ファイルを示し、次の114は条件表No.114を表しています)のようのものにしてもらえれば、梱包ファイルであることがわかりやすい。


HP目次へ.. 紹介目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ.. QE24ヘルプ(マニュアル)