《Qエンジン》PRI
 I 売買検索をしてみよう

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

(1)売買検索・売買検証・単独検索との違い


「売買検索」は「売買検証」と言葉がよく似ていますから注意して下さい。

「売買検証」は、すでにある条件表を一定の売買ルールにのっとって売買したなら、どのような成績となるかを検証します。

本章の「売買検索」は今日、@新規に買ったり売ったりする銘柄はどれか、A今日手仕舞う(時間切れ・利食い・損切り)銘柄はどれかを検索します。



「売買検索」は《カナル24》の「単独検索」とも違います。

《カナル24》の単独検索は、当日に買いマーク・売りマークが出た銘柄を、単純にピックアップします。

@新規の買ったり売ったりする銘柄が検索されるだけで、A手仕舞い(時間切れ・利食い・損切り)となった銘柄は検索されません。

《カナル24》には売買ルールという考えはないからです。




《Qエンジン24》の「検証」をした後グラフを描かせると、2種類のマークがでていることがわかります。

右図は6773「パイオニア」の日足ですが、
  1. で2014年10月9日に買いマークが出ています。これは新規の仕掛けをするマークです。

    翌日の始値で買うと、269円です。

  2. は、売買ルールが(時間切れを10日)としているので、手仕舞いするためのマークです。

    翌日の始値で決済すると279円だったので、差し引き+10円の利益がでています。




    右図は《カナル24》のグラフです。

    6773「パイオニア」は上図の(a)と同じように、2014年10月9日に買いマークが出ていますが、これは新規の仕掛けをするマークです。

    いつ決済するのかは、ユーザーが決める必要があります。



(2)売買検証のしかた


(拡張4)No.38「ガイド」を使って「売買検索」をしてみます。
  1. 日経225銘柄を選択し、

  2. メニューの「売買(B)」をクリックします。またはツールバーの「漏斗の絵」をクリック。

    「売買検索のしかた」の画面が現れます。

  3. 売買検索の場合は「連結データ」ではなく「標準データ」にしておくほうがよいでしょう。(連結データにしていると時間がかかります。)

  4. (拡張4)のNo.38を選択し、

  5. 検証期間は、999999(最新日を意味する)までの1日間(当日分だけをピックアップする)としました。

  6. 「売買共」を指示します。

  7. 「売買ルールを見る」というボタンは重要です。ここをクリックして、次図のように確認して下さい。

  8. 売買ルールを確認したら「実行(Y)」をクリックすれば検証が開始されます。


上図で「売買のルール」ボタンをクリックして売買ルールがどのような設定になっているのかを確認して下さい。条件表の成績は、売買のしかた(売買ルール)に依存します。ここでは
  1. 仕掛け は買いマークがついた日の翌日の始値で買う

  2. 買ってから10日が経過したら、翌日の始値で売却する

  3. (利食いA)はしない

  4. (利食いB)はしない
としています。
2014年10月9日に売買検索をしたときは、次図のような売買検索がなされています。
  1. 6773「パイオニア」は141009に、
  2. (今日の日付は141009)
  3. 「新規買い」となった。



その翌日の2014年10月10日に売買検索をしたときは、次図のような売買検索がなされています。
  1. 6773「パイオニア」は141009に、新規買いとなっている
  2. (今日の日付は141010)
  3. 現在は「建玉中」である。


買いマークが出て10日目の2014年10月24日に売買検索をしたときは、次図のような売買検索がなされています。
  1. 6773「パイオニア」は141009に、新規買いとなっている
  2. (今日の日付は141024)で、売買ルールの時間切れの日が来たので、
  3. 「時間切れ」で決済するとなった。




目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..