《デンドラ》のご紹介
 《デンドラ24》のご紹介...Aグラフが持つ波動パタンの情報<

製品目次へ.. 紹介の目次.. 前頁へ.. 次頁へ.. 株式講座No.22 《デンドラ24》による波動の見方..

《デンドラ24》のグラフ


デンドラのグラフを描かせて見ましょう。この手順は《カナル24》と同じです。すなわち
  1. 銘柄を選択してから、

  2. メニューの「グラフ」をクリックし、

  3. グラフを描くときに使う条件表No.を指定して、

  4. 「OK」ボタンをクリック。

@デンドラ・グラフの特徴

デンドラのグラフは図の@〜Cが、《カナル24》よりも拡張されています。


  1. 上部に陰転中(下降波動にある)は(空色)の短線、陽転中(上昇波動にある)は(ピンク色)の長線で、波動(この例は10%波動)が上昇中か下降中かの表示があります。

  2. 波動パタンの情報から、今後の株価の上値のメドの線(上限線という)が引かれ、

  3. 波動パタンの情報から、今後の株価の下値のメドの線(下限線という)が引かれます。

  4. カーソルが指す日の、波動パタンの情報が数値で表示されます。

A下降波動のときの情報


図でXは上昇波動、Yは下降波動、Zは上昇波動です。Yの下降波動にある日の位置をクリックしすると、紺色のカーソルが表示され、この日のパタン情報が、画面下部に表示されます。
画面下部を原寸大で掲げます。 3つの表があります。左から「下降パタンの表」「上昇パタンの表」、小さい表は「前波動・今波動の平均値の表」です。

  1. 「下降」の前に●がついているのは、上図で下降波動にある日にカーソルがある(Pの日)からです。この日の波動は、下降波動です。(「今波動」という)

  2. (B 736)はこの日の下降パタンが(736)であることを意味します。(下降パタンにはBがつく)
    (B736)パタンの情報は、
    • 勝率(買ってから10%以上上昇する確率)は、36.7%
    • 利益率(買ってから、次の上げのピークまでの上昇率)は、10.2%
    • 上抜き率(前のピークを上抜く確率)は、49.0%
    • (B736)パタンの件数は49件ある。

  3. (B736)パタンの最後の下げは、平均16.0%下落する。
    • 中位の下げ率から下値メドを計算すると、363円。
    • 1/4位の下げ率から下値メドを計算すると、346円。

  4. (B736)パタンの次に来る上昇波動の上げは、平均24.0%上昇する。
    • 中位の上げ率から上値メドを計算すると、373円。
    • 1/4位の上げ率から上値メドを計算すると、398円。
以上のことから、Pの日にわかることは、以下のことです。
  1. この下げは、363円〜346円くらいで下げ止まる。
  2. 次の上昇では、373円〜398円くらいまで上げる。
実際には、Yでの株価のボトムは311円(終値)で止まったので、メドの363円〜346円よりもさらに10%下げました。

右隣の「上昇パタンの表」を見ると、

  1. 「上昇」の前は○です。(空白)上図のカーソルPの示す日は「上昇波動ではない」ということです。それでは、この表にある数字は何かというと、その前の上昇パタン(図ではQの日)の数字です。(前のパタンを「前波動」という)

  2. (S 323)は前波動の上昇パタンが(323)であることを意味します。(上昇パタンにはSがつく)
    (S323)パタンの情報は、
    • 勝率(カラ売りしてから10%以上下落する確率)は、9.6%
    • 利益率(カラ売りしてから、次の下げ(ということは、Yの下降波動でということ)のボトムまでの下落率は、20.0%
    • 下抜き率(前のボトムを下抜く確率)は、15.3%
    • (S323)パタンの件数は202件ある。

  3. (S323)パタンの最後の上げは、平均57.0%上昇する。
    • 中位の上げ率から上値メドを計算すると、342円。
    • 1/4位の上げ率から上値メドを計算すると、396 円。

  4. (S323)パタンの次に来る下降波動(Yの下降波動のことである)の下げは、平均20.0%下落する。
    • 中位の下げ率から下値メドを計算すると、350円。
    • 1/4位の下げ率から下値メドを計算すると、317円。
以上のことから、Qの日〜Pの日にわかっていることは、以下のことです。
  1. このYの下げは、350円〜317円くらいで下げ止まる。
  2. X当時の上昇では、342円〜396円くらいまで上げる(はずだった)。
実際には、Xでの株価のピークは422円(終値)で頭打ちになりましたから、メドの342円〜396円より5%ほど高くなりました。

またYでの株価のボトムは311円(終値)で止まったので、メドの350円〜317円よりも少し安くなりました。 お気づきかも知れませんが、Yの下降波動にあるとき、下値のメドは、
  1. 今波動(B736)による下値のメドの363円〜346円
  2. 前波動(S323)による下値のメドの350円〜317円
の2つが使えます。

B上昇波動のときの情報


図でXは上昇波動、Yは下降波動、Zは上昇波動です。Zの上昇波動にある日の位置をクリックしすると、紺色のカーソルが表示され、この日のパタン情報が、画面下部に表示されます。

画面下部を原寸大で掲げます。3つの表があります。左から「下降パタンの表」「上昇パタンの表」、小さい表は「前波動・今波動の平均値の表」です。



  1. 「下降」の前は○です。(空白)上図のカーソルZの示す日は「下降波動ではない」ということです。それでは、この表にある数字は何かというと、その前の下降パタン(図ではYの日)の数字です。(前のパタンを「前波動」という)

  2. (B 736)はこの日の下降パタンが(736)であることを意味します。(下降パタンにはBがつく)
    (B736)パタンの情報は、
    • 勝率(買ってから10%以上上昇する確率)は、36.7%
    • 利益率(買ってから、次の上げのピークまでの上昇率)は、10.2%
    • 上抜き率(前のピークを上抜く確率)は、49.0%
    • (B736)パタンの件数は49件ある。

  3. (B736)パタンの最後の下げは、平均16.0%下落する。
    • 中位の下げ率から下値メドを計算すると、363円。
    • 1/4位の下げ率から下値メドを計算すると、346円。

  4. (B736)パタンの次に来る上昇波動の上げは、平均24.0%上昇する。
    • 中位の上げ率から上値メドを計算すると、373円。
    • 1/4位の上げ率から上値メドを計算すると、398円。
以上のことから、Yのあたりの日にわかていたことは以下のことです。
  1. この下げは、363円〜346円くらいで下げ止まる。
  2. 次の上昇では、373円〜398円くらいまで上げる。


右隣の「上昇パタンの表」を見ると、

  1. 「上昇」の前に●がついているのは、上図で上昇波動にある日にカーソルがあるからです。この日の波動は、上昇波動です。(「今波動」という)

  2. (S 432)は今波動の上昇パタンが(432)であることを意味します。(上昇パタンにはSがつく)
    (S432)パタンの情報は、
    • 勝率(カラ売りしてから10%以上下落する確率)は、0.1%
    • 利益率(カラ売りしてから、次の下げ(ということは、Zの次の下降波動でということ)のボトムまでの下落率は、1.0%
    • 下抜き率(前のボトムYを下抜く確率)は、76.6%
    • (S432)パタンの件数は691件ある。

  3. (S432)パタンの最後の上げは、平均16.0%上昇する。
    • 中位の上げ率から上値メドを計算すると、351円。
    • 1/4位の上げ率から上値メドを計算すると、367 円。

  4. (S432)パタンの次に来る下降波動(Zの次の下降波動のことである)の下げは、平均21.0%下落する。
    • 中位の下げ率から下値メドを計算すると、284円。
    • 1/4位の下げ率から下値メドを計算すると、256 円。
以上のことから、Zの日にわかっていることは、以下のことです。
  1. このZの上げは、351円〜367円くらいまで上げる。
  2. 次の下降波動では、284円〜25645円くらいまで下げる。
お気づきかも知れませんが、Zの上昇波動にあるとき、上値のメドは、
  1. 今波動(S432)による上値のメドの351円〜367円
  2. 前波動(B736)による上値のメドの373円〜398円
の2つが使えます。


製品目次へ.. 紹介の目次.. 前頁へ.. 次頁へ.. 株式講座No.22 《デンドラ24》による波動の見方..