《カナル24》のご紹介...E株価データを受信してみよう

 《カナル24》のご紹介...F株価データを受信してみよう

製品目次へ.. 紹介の目次.. 前頁へ.. 次頁へ..

@データゲットから株価データをダウンロードする

データゲットから株価データをダウンロードするには
  1. データゲットのHP上でユーザー登録をし、
  2. アクセス権を購入(データ料金)する
必要があります。 データ料は、@有効期限が30日のとき1000円、A90日のとき2900円、B180日のとき5400円、C365日のとき9400円です。有効期限内であれば何度ダウンロードしてもかまいません。また過去のデータをダウンロードすることができます。

データゲットから株価データをダウンロードするのは、次の手順によります。

データゲットのHPを出し、
    @メールアドレスと
    Aパスワード
を入力して、「ログイン」します。

一度メールアドレス・パスワードを入力してログインすると、次回からはメールアドレス・パスワードの入力は不要です。
  1. 「マイページへ」をクリック。

  2. 「株価データのダウンロード」をクリック。


  3. 「全市場」をクリック。

    ダウンロードした年月日をカレンダーから指定します。

  4. 2008年
  5. 03月
  6. 18日

    を指定しました。

    株価データは基本的には1日分単位でダウンロードします。

    HPには「1週分」とか「1ケ月分」とかでダウンロードできる表示があります。これをクリックして、まとめてダウンロードすることもできます。

    (Windows Vista,7,8 の場合)次の小画面が現れます。「保存」ボタンの右隣にある「▼」ボタンをクリックし、





    「名前を付けて保存」をクリックすると、保存先を指定できます。(次のGのように、 C:ドライブの tokenrec を指定してください。)




  7. 保存先のフォルダを指定します。

    C:ドライブの tokenrec フォルダとします。

  8. 「ファイル名」欄には、20080318.zip と表示されています。

    このファイル名はそのまま使います。ここは何も変更しません。

  9. 「保存」ボタンをクリックします。

    すぐにダウンロードは終わります。

  10. 信用残や銘柄情報データや分割併合データもダウンロードを続いてダウンロードして下さい。

    ダウンロード先は株価データをダウンロードしたのと同じフォルダ(この例では tokenrec )にして下さい。


Aデータゲットからカナルのデータに変換する


データゲットから株価データを受信したならば、「データゲットから変換」の機能を使って、カナルの株価データに変換する必要があります。

スタート画面のメニューの「オンラインデータ(O)」→「オンライン変換」をクリックするか、ツールバーの「スペースシャトル」の絵をクリックして下さい。
データゲットから変換の画面

「データゲットから変換」の画面には図のような設定がされています。
  1. 受信データのある場所は、c:\tokenrec

  2. 変換手順は、
    東証 日足 → C:DTKB50 登録
    JQ 日足 → C:DTKB50 登録


  3. 信用残の単位は、0.1倍
通常はこの設定を変更する必要はありません。
(1)カナルの最新日付を確認する

  1. 「変換手順」のどれかの行をクリックして紺色にしておいて、

  2. 「銘柄一覧」をクリックすると、

  3. 図のように指定した(「変換手順」が紺色になっている行の)銘柄一覧表が表示されます。
図では140403(2014年4月3日)までが変換できています。


(2)データゲットの株価データを確認する

  1. 「受信確認」ボタンをクリックすると、

  2. 「受信ファイル」の一覧表が表示されます。

    図では、20140325〜20140404 の9日分の株価データがあります。

  3. 「終了」ボタンをクリック。

(3)変換実行

《カナル24》のデータは140403(2014年4月3日)まであったので、この日付より新しい20140404の株価データを次々に変換していきまます。
  1. 「変換実行」をクリック。

(4)変換中

  1. 変換は、変換手順の上から順に行われます。図の設定では、

    • 東証をDTKB50へ
    • JQ株をDTKB50へ

    の順に変換されていきます。
この例では、08年3月18日のデータを上記の順に変換し、それが終わったら08年3月19日のデータを上記の順に変換し、・・・・となります。


(5)変換が終了した

図のようにDTKB50(東証・JQ)の銘柄一覧表が表示されます。

一覧表の日付をみると、140404まで変換できています。140403で止まっている銘柄がありますが、これらは変換されなかった銘柄です。

変換できなかった原因は
  1. 上場廃止になった銘柄か

  2. 受信はしているがデータゲットのほうでコードが不明な銘柄か、

  3. データゲットでは受信できない銘柄
です。変換できなかった銘柄は、Bが原因のものであれば、銘柄一覧表から登録を抹消して下さい。


紹介の目次.. 前頁へ.. 次頁へ..