《カナル24》Ver.6 インストール
 《カナル24》Ver.6のインストールのしかた

HP目次へ..  《カナル24》のご紹介..

《カナル24》Ver.6は、@データが2200本(Ver.5は500本)になったことから、インストールの際にデータについて戸惑うことがあります。それを解消するためにインストールのしかたを述べておきます。

最新データを揃える

セットアップCD-ROMから《カナル24》Ver.6をインストールしてください。



プログラムを起動したとき、《カナル24》に必要なデータやファイルが揃っているのかのチェックがされます。

重要な順に掲げると、
  1. 最新データ
    DTEX50、WTEX50、MTEX50 など

  2. 過去データ
    DTEX16、DTEX08、DTEX00 など

  3. ヘルプ・ファイル
です。

(1)データがあるかのチェックがされる


最新データは現時点で最新のデータです。日足データはDTEX50、週足データはWTEX50、月足データはMTEX50 というフォルダに記憶されています。

もし最新データが見当たらなかったときは、右のような警告 が出ます。 最新データが見当たらないのは、
  1. 最新データが、《カナル24》プログラムがあるドライブとは別のドライブに置かれているか、

  2. 最新データそのものがないか、のどちらかです。
「OK」ボタンをクリック。


「ドライブと環境」の画面が現れます。

正常だと、メイン欄には最新データのDTEX50,WTEX50,MTEX50(赤字色)が表示されていなければなりません。

また連結欄に、過去データのDTEX16,DTEX08,DTEX00(青色字) などが表示されていなければなりません。

「キャンセル」ボタンをクリック。



?カナル24?Ver.5までの株価データは、500日分を記憶していましたが、Ver.6からは2200日分を記憶するようになりました。 これに伴い旧データフォルダの名称はDTKB50のように「TKB」がついていましたが、新しいデータフォルダの名称はDTEX50のように「TEX」が付きます。
  1. 新規購入者は最新データCD-ROMに入っているDTEX50をHD(ハードディスク)にインストールしてください。

  2. バージョンアップした方は、新しい株価データをダウンロードしてください。
    また自分だけのデータ(海外の銘柄とか為替とか金などの商品のデータ)を蓄積している方は、従来のDTKB50(500本データ)をDTEX50(2200本データ)に移行してください。、


(2)最新データをインストールする(新規購入者)


《カナル24》を新規に購入されたときは、「最新データCD-ROM」が付属しています。またユーザーはいつでも「最新データCD-ROM」を購入することができます。

新規に《カナル24》を購入されたときや、新しいパソコンに《カナル24》をセットアップしたときは、メニューの「アップデート」→「CD-ROMから株価データをインストール」によって、「最新データCD-ROM」からHDへ株価データをインストールして下さい。

(3)最新データと過去データをダウンロードする(バージョンアップしたユーザー)


バージョンアップしたユーザーは2017年4月30日までなら、毎日最新のデータをアップロードしているので、「過去データをダウンロード」を使って、最新データをダウンロードしてください。

なお旧データ(DTKB40)と新データ(DTEX50)はともにHDに保存できます。最新データをダウンロードしても古いデータは消えません。

「オンラインデータ」→「過去データをダウンロード」をクリック。


「過去データをダウンロード」の画面が現れます。

ダウンロードできる株価データが表示されています。通常ダウンロードできるのはDTEX00,DTEX08,DTEX16の3つです。

ただ現在は新旧のデータの切り替えの端境期なので、 毎日最新の日付のデータがダウンロードできます。ただし2017年4月30日まで。

2017年5月1日〜2017年12月31日の間は毎月月末までのまでのデータを最新データとしてアップロードします。これをダウンロードし、不足している分は「データゲットから変換」によって追加してください。 2018年1月からは、DTEX00、DTEX08、DTEX16 の3つだけがダウンロードできます。

ダウンロードしたいデータを選択して、「ダウンロードする」をクリック。

バージョンアップされたユーザーは「全部選択」してダウンロードしてください。(DTEX00、DTEX08、DTEX16、DTEX50、WTEX50、MTEX50の6個をダウンロードする)


(4)全部のデータが揃った


スタート画面に戻り、
  1. 「日足」を選択し、

  2. 「DTEX50」の文字を出して、「DTEX50」の文字をクリックすると、

  3. 日足データの銘柄一覧表が表示されます。
最新データがコピーされていることが確認できます。



(5)500本データを2200本データへ移行する(独自のデータを持つユーザー)


2017年5月1日以降に最新データが欲しい方や、旧のDTKB50に自分だけの銘柄(海外のデータとか為替のデータとか、商品先物のデータとか)を蓄積されている方は、ダウンロードしてもそれら銘柄は入っていません。

この場合は「ユーティリティ」→「株価データを500本→2200本へまで拡大」によって、旧データを2200本データに移行してください。


旧の500本データを選択して、「移行する」をクリックすれば、2200本データに変わります。

このとき例えばDTKB16を移行すると、DTEX16に新データができます。

新データのフォルダの番号は指定できません。

DTKB50に独自のデータを持っているなら、例えばDTKB30に独自の銘柄を複写(「銘柄移し替え」による)して、DTKB30→DTEX30へ移行するのがよいでしょう。

DTEX30に移行したら、独自のデータをDTEX50に「銘柄移し替え」で複写します。


HP目次へ..  《カナル24》のご紹介..