4005《アラーム》Ver.5のご紹介D
 《アラーム24》 Ver.5 のご紹介...D分足ベースの検索をしてみよう

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

@分足ベースの検索の特長


分足ベースの検索は、《アラーム》で保存している昨日までの分足データと、《アラーム》で受信した当日の(その時刻までの)分足を連結して行います。
  1. 分足は、1分・2分・3分・5分・10分・15分・30分・60分の8種類のどれかを使うことができますが、1日の立会いが終わって保存できる分足はこのうちの1種類です。ユーザーはX分足を保存すると決めて、毎日保存してください。

  2. 当日発生した分足と昨日までの保存した分足を連結して検索をするので、昨日までは5分足だったが今日からは15分足にしたといったときは、昨日までの5分足と今日からの15分足を連結することになるので、正確な検索はできません。 昨日まで保存してきた5分足を抹消して下さい。

  3. 分足の検索には、9:00から15:00まで連続してリアルタイムデータを受信しておく必要があります。10:15から受信を開始してもよいですが、その場合は昨日の15:00(分足の終値)から今日の10:15までのデータが欠けているので正確な検索はできません。(グラフは当日分だけを描かせれば問題はありません)
分足の利用のしかたは
  1. 《カナル24》が買いマークを出した銘柄について、当日は分足ベースの検索をし、分足でも買いマークがでたら買う。

  2. 当日の日足ベースの検索で買いマークがでたら、分足に切り替え、分足でも上昇を開始したときに買う。

  3. 当初から分足だけを使って検索し、1日のうちに仕掛け→決済をする、というデイトレードをする。

    といったことができます。

A条件表を指示する

  1. 「5分足」をクリックして、5分足ベースの検索をします。

  2. 「5分足」と表示されているのは、「受信の設定」で、使うのは5分足であると設定からです。

    5分足以外の分足を使いたいときは、「受信の設定」で変更して下さい。


検索で使う条件表を指示します。
  1. 条件ファイル(「標準3」「拡張4」など)を指示し、

  2. 条件表No.をクリック。

    ここでは(標準3)No.87「パラボリック」を指示しました。

  3. 「売買共」

  4. 使うデータは(リアル+保存分)として、

  5. 「開始」ボタンをクリック。

B刻々と分足の検索がされていく

  1. 7211「三菱自」が 1148円で B(買い)と検索されました。現在値の1148円の背景色が白色なのは、前日終値と同じ値段であることを表現しています。時刻は9:36です。

  2. 7731「ニコン」が 1496円で B(買い)と検索されました。現在値の1496円の背景色がピンク色なのは、現在値は前日終値よりも高い値段であることを表現しています。時刻は9:36です。

  3. 7752「リコー」が 1289円で B(買い)と検索されました。現在値の1289円の背景色が薄緑色なのは、現在値は前日終値よりも安い値段であることを表現しています。時刻は9:36です。

  1. 検索される銘柄が多いと、検索欄が次々に書き換えられていきます。

    検索を一時ストップするには、「アラーム停止」ボタンをクリックしてください。(図では「アラーム停止」をクリックしたので「アラーム再開」の表示になっている)

C別の条件表で検索する

途中で別の条件表に切り替えて検索することができます。
  1. いったん「OFF」を指示し、

  2. 次に「分足」をクリックすると、


    アラーム検索の画面が現れるので、

  3. 使いたい条件表を指示し、

    (ここではNo.142「Vボラ・ストップ」を選択)

  4. 「開始」ボタンをクリック。


  5. タイトルは「アラーム (F3-No.142)」と変ります。

    (F3)とは条件ファイルが「標準3」であり、No.142は条件表No.142であることを明示しています。これによって、どの条件表を使って検索しているのかがわかります。

  6. 条件表No.142「Vボラストップ」で検索された銘柄が表示されます。

    どの銘柄も「買い」として検索されています。


「Vボラ・ストップ」は「パラボリック」に似ています。

6473「Jテクト」は(a)の時刻に株価が上限線を上抜いて、買いマークを出しています。

6305「日立建機」は(b)の時刻に株価が上限線を上抜いて、買いマークを出しています。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..