週末カレンダーの変更のしかた

 週末カレンダーの変更のしかた

HP目次へ.

@2019年の4月27日から5月6日は異例の10連休になった

2019年のゴールデンウイークは異例の10連休になりました。
  1. 4月27日は(土曜日)
  2. 4月28日は(日曜日)
  3. 4月29日は(祝日・昭和の日)
  4. 4月30日は(国民の日)
  5. 5月 1日は(祝日・即位の日)
  6. 5月 2日は(国民の日)
  7. 5月 3日は(祝日・憲法記念日)
  8. 5月 4日は(祝日・みどりの日)
  9. 5月 5日は(祝日・こどもの日)
  10. 5月 6日は(振替休日)
(国民の日)は(祝日)と(祝日)に挟まれた1日を休日にするものです。2019年がかくも異例な10連休になったのは、5月1日の(即位の日)が今年に限り(祝日)とされたためです。

4月29日(祝日)と5月1日(祝日)に挟まれた4月30日が(国民の日)になり、5月1日(祝日)と5月3日(祝日)に挟まれた5月2日が(国民の日)になりました。5月5日(祝日)は日曜日であるので、翌日5月6日が(振替休日)になって、10連休になったわけです。

5月1日が臨時の(祝日)になったのが10連休の原因ですが、来年2020年の5月1日は(祝日)にはならないので、今後は(祝日)を増やさない限り10連休になることはありません。

A日足→週足を作成するときは週末カレンダーを使っている

週末カレンダーとは、月ごとに週末(金曜日)の日を記憶しているファイルです。(年末年始)は金曜日であっても日付は省略されます)

《カナル24》のメニュー「データ」→「週月作成」→「週足作成」をすると。週末カレンダーは自動的に作られます。

また「週足カレンダー」をクリックすれば、週末カレンダーが表示されるので、不都合な週末の日付を訂正することができます。

B2019年の週末カレンダーは不都合が生じた

2019年になって「週足作成」をしたり、「日足」グラフから「週足」グラフに切り替えたときは、カレンダーが自動的に作られてW2019.dat というファイルに保存されます。

このカレンダー作成のプログラムはいまから35年前に作ったものです。これまでは月曜日〜金曜日の間に1日も立ち合いがないということはなかったので必ず週足が作成されてきました。

2019年は5月1日が臨時の(祝日)になったため、冒頭の図でみるように、5月の第1週は日足データがない。従って週足が作成できないということになります。

C2019年の週末カレンダーを変更する

5月第1週には日足データがないのでから、実際の5月第1週の週末は、5月3日でなく、5月10日です。そこで、
  1. 5月第1週の(3日)とある欄を(10日)にし、
  2. 5月第2週の(10日)とある欄を(17日)にし、
  3. 5月第3週の(17日)とある欄を(24日)にし、
  4. 5月第4週の(24日)とある欄を(31日)にします。繰り上げていくわけです。
  5. 5月第5週の(31日)とある欄を(0日)にします。
  6. 修正(繰り上げ)ができたら、「記憶」で週末カレンダーを保存して下さい。
この作業はユーザー全員が行ってください。 何度も言いますが、2019年の5月1日が祝日になったための特殊な作業ですから、今後、出現することはまずありません。


HP目次へ.