1178 チャート事典

  [1178] PBR


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

意味

業績データを使って、現在の株価が割高か割安かを見る指標には
  1. PER(株価収益率)
  2. PBR(純資産倍率)
  3. 株式益回り
    があります。また企業の資本効率を計る指標として
  4. ROE(株主資本利益率)
があります。

本章は「PBR」の使い方を説明します。PBRは純資産倍率といわれ、株価÷一株純資産で計算されます。株価が600円、一株純資産が300円のときPBRは2.0倍と計算されます。

純資産は、@資本金、A資本準備金、B利益準備金 などから成り立っています。純資産を発行株式数で割ったものが一株当り純資産です。一株純資産は会社の解散価値であり、もしその企業が解散するとすれば、理論上は株主は1株につき一株純資産だけの配当を得ることができます。

純資産が減少するのは、@赤字がでたとき、A利益以上に配当をしたときです。利益が増加し、配当もこの範囲内で行っている企業の一株純資産は増加します。

PBRが一体何倍であれば妥当かですが、通常は2.0倍程度が目安です。2倍以下のときは割安といえますが、1.0倍以下のときは解散価値さえも買われていないので、割安ではなく逆に変であると思ったほうがよいでしょう。







規則 (PBR)

元データ業績データ
副データなし
加 工一株純資産と当日の株価からPBRを計算する。(PBR=当日株価÷一株純資産)
パラメータなし
単 位
使用例・PBRが1.5倍以下




計算方法

「PBR」で使う一株純資産は最新のものが1つあるだけです。鹿島建の例では223.7円になっています。


設定例@ PBRが1.5倍以下の設定



設定のポイント
No.3線 業績データの「利益伸び率」を取りだす。利益伸び率が10%以上のとき買い。
No.4線 PBRを計算し、紫色で描画する。PBRが1.5倍以下のとき買い。



検索@

この条件表で検索すると、
  1. 利益伸び率が10%以上の銘柄で
  2. PBRが1.5倍以下の銘柄
が検索されます。少なくとも来期の利益の伸び率が10%以上あることを条件につけて、PBRが1.5倍以下としています。(赤字企業の一株純資産はしだいに減ってくるので。)


グラフ@

PBRは株価÷一株純資産ですから、株価が変動すればPBRの数値は変化します。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..