1162 チャート事典

  [1162] 騰落レシオ


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

意味

図は市場データです。市場データは個別銘柄の株価データとは別にあります。(市場データの仕様を参照。)

これら市場データに関係する加工を条件表に設定するには、市場データが整備されていなければなりません。(市場データはマスターネットは送信していないので、弊社HPからダウンロードするか、手入力をして下さい。)

使用市場データを利用する加工は以下のものがあります。
  1. 値上銘柄数
  2. 値下銘柄数
  3. 騰落レシオ
  4. 値付き率
  5. イールド・スプレッド
  6. イールド・レシオ
  7. 日経PER
  8. 短期金利
  9. 長期金利
  10. 日経利益
本章は「騰落レシオ」の設定のしかたを説明します。通常は日経平均とかTOPIXとかいった市場全般を表す指数が上昇しているとき値上り銘柄数は多く、値下がり銘柄数は少なくなります。指数が値下がりしているときは、値上り銘柄数は少なくなり、値下がり銘柄数は多くなるものです。

そこで一定期間の値上り銘柄数の合計と値下がり銘柄数の合計の比率を求めれば、この比率(騰落レシオ)の大小を手がかりにして、指数が高いか安いか、加熱感があるか、悲観のし過ぎではないか、などの判断をするができます。




規則 (騰落レシオ)

元データ市場データ
副データなし
加 工騰落レシオのn日平均を計算する。
パラメータX日
単 位%(0〜999)
使用例・25日騰落レシオ






計算方法

「騰落レシオ」は、市場データのうちの値上り銘柄数と値下がり銘柄数を取り出し、(n日間の値上り銘柄数の合計)÷(n日間の値下り銘柄数の合計)X100の計算をします。例は10日騰落レシオの計算です。
  1. No.11の日までの10日間の値上り銘柄数の合計は5826、値下がり銘柄数の合計は7463。5826÷7463X100=78.1より、騰落レシオは78.1。

  2. No.10の日までの10日間の値上り銘柄数の合計は6324、値下がり銘柄数の合計は6926。6324÷6926X100=91.3より、騰落レシオは91.3。

  3. No.1の日までの10日間の値上り銘柄数の合計は7650、値下がり銘柄数の合計は5954。7650÷5954X100=128.5より、騰落レシオは128.5。










設定例@ 25日騰落レシオの設定



設定のポイント
No.3線 市場(データ)の25日騰落レシオを計算し、紫色で描画する。75以下で買い。
No.4線 25日騰落レシオ(No.3線)が120以上で売り。






グラフ@

図はTOPIXの陰陽足と25日騰落レシオ(紫色)です。

図の4か所で騰落レシオが75以下になって、買いマークがでています。25日騰落レシオの目安は、


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..