1152 チャート事典

  [1152] グループ


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

グループを利用する加工には次のものがあります。
  1. 1145 G買い日付・G売り日付・・・売買マークが出た日の日付(最新データから何本目か)を取り出す
  2. 1146 G買い利用・G売り利用・・・>そのグループの売買条件を別のグループで利用する
  3. 1147 G買い無効・G売り無効...そのグループの売買条件の判断はするが、売買マークは出さない
  4. 1065 買m延長・売m延長・・・そのグループが出した売買マークをn日間延長する(n日後まで売買マークを出す)

意味

図は1928「積ハウス」のグラフです。9日順位相関(紺色)と13日相対力(紫色)を描き、@順位相関が-90以下で買い、またはA相対力が30以下で買い、の2通りの売買条件が設定されています。
となっています。相対力が30以下であっても、順位相関が-90以下であっても、買いマークがついています。


この条件表は次のような設定がされています。

No.4行目の加工に「グループ」が使われ、元データ・副データ・パラメータなどの各欄は「-----」が入っているのが特徴です。グループは、売買条件をひとくくりにする役割を果たします。図の条件表では、
  1. No.1〜No.3行までがAグループとなり、この中で売買条件が完結します。No.1〜No.3行の中には、No.3行目に「9日順位相関が-90以下で買い」の売買条件があるので、この条件が満足されたとき、「Aグループとしての買いマーク」がつきます。

  2. No.4行はNo.1〜No.3行が「Aグループ」であることを区別しています。

  3. No.5行からは「Bグループ」になり、No.5行以降(No.5行しかないが)で1つの売買条件が完結します。No.5行には「13日相対力が30以下で買い」の売買条件があるので、この条件が満足されたとき、「Bグループとしての買いマーク」がつきます。

一般的には、以下のような設定をすることが多いのですが、



この条件表では「グループ」で区分されていないので、この条件表全体で1つの売買条件になります。すなわち
  1. No.3行の「9日順位相関が-90以下で買い」

  2. No.5行の「13日相対力が30以下で買い」
の2つの売買条件が同時に満足された日に買いマークがつきます。図のbの日が、2つの買い条件が同時に満足された日です。


規則 (グループ)

元データなし
副データなし
加 工売買条件をグループ化する。(19個の「グループ」の設定ができるので、20グループに区分できる)
パラメータなし
単 位なし
使用例・順位相関が-90以下で買い(または)相対力が25以下で買い。



計算方法

なし。売買条件をグループ化をするための区切り。







設定例@ ABCの3グループの売買マークの設定



設定のポイント
No.3線 株価の9日順位相関を計算し、紺色で描画する。-90以下で買い(Aグループ)
No.4線 株価の9日順位相関(No.3線)が+90以上で売り(Aグループ)
No.5線 ここまで(No.1〜No.4行)が「Aグループ」。
No.6線 株価の13日相対力を計算し、紫色で描画する。30以下で買い(Bグループ)
No.7線 株価の13日相対力(No.6線)が75以上で売り(Bグループ)
No.8線 ここまで(No.6〜No.7行)が「Bグループ」。
No.9線 株価の25日平均を計算し、紫色で描画する。
No.10線 株価と25日平均線(No.9線)のカイリ率が-15%以下で買い(Cグループ)

No.10線の次に「Cグループ」の設定はありませんが、暗黙のうちにNo.9行〜最後の行(No.10行)がCグループになります。この設定で、 の3グループにわけられ、買いは3種類、売りは2種類の売買マークがつきます。

グラフ@

図は6981「村田製」のグラフです。
  1. で、Aグループの買い(赤色↑)とBグループの買い(緑色の↑)がでています。

  2. で、Aグループの買い(赤色↑)とBグループの買い(緑色の↑)とCグループの買い(青色↑)がでています。

  3. で、Aグループの売り(赤色↓)がでています。

  4. で、Aグループの買い(赤色↑)とBグループの買い(緑色の↑)がでています。



最大20個のグループ(ABCDEFGH・・・RST)の買い・売りの矢印がつきますが、各矢印は右図のように色で区分されています。
  1. Aグループ(赤色)
  2. Bグループ(緑色)
  3. Cグループ(青色)
  4. Dグループ(ピンク色)

  5. Sグループ(青色)
  6. Tグループ(ピンク色)


なお操作事典に、 がありますから、参照して下さい。

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..