1138 チャート事典

  [1138] 行総和


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

意味

「行総和」は、いくつかの行のデータを日ごとに合計します。例えば、株価の9日平均線と25日平均線と75日平均線を合計して3で割れば、9日線・25日線・75日線の平均が求まります。

2つの行のデータを合計する加工には、「a+b」がありますが、これは元データ(No.3線)と副データ(No.6線)のように合計したい行No.を指定します。「行総和」は2つのデータではなく、より多くの行の合計を計算できます。

「行総和」で、元データに(No.3線)、副データに(No.6線)と設定すると、No.3行〜No.6行までの行(No.3,No.4,No.5,No.6)のデータを合計します。









規則 (行総和)

元データ行No.(開始行)
副データ行No.(終了行)
加 工元データで指定した開始行〜副データで指定した終了行までのデータの合計を求める。
パラメータなし
単 位元データと同じ
使用例・3行のデータを合計する



計算方法

図では、9日平均(9av欄)、25日平均(25av欄)、75日平均(75av欄)の3つのデータを合計し(Tav欄)、それを3で割って3つの平均線の平均(TAV)を計算しています。

この条件表の設定は、下に掲げてありますが、No.3線で9日平均を、No.4線で25日平均を、No.5線で75日平均を計算してあるので、(No.3線〜No.5線の「行総和」)と設定することで、3つのデータの合計が求まります。
  1. No.15の9avは249円、25avは227円、75avは207円なので、この日の行総和は683円になる。これを3で割った228円が3線の平均。
  2. No.14の9avは250円、25avは228円、75avは208円なので、この日の行総和は686円になる。これを3で割った229円が3線の平均。




設定例@ 3本の平均線の平均の設定



設定のポイント
No.3線 株価の9日平均を計算し、紺色で描画する。
No.4線 株価の25日平均を計算し、深緑色で描画する。
No.5線 株価の75日平均を計算し、深緑で描画する。
No.6線 No.3線〜No.5線の「行総和」を計算する。(No.3線は9日線、No.4線は25日線、No.5線は75日線)
No.7線 これを3で割って、3本の平均線の平均値を計算する。赤色で描画する。



グラフ@

9日線と25日線と75日線の平均の線は赤色で描画されています。(3本の平均には特に意味はない)

条件表のNo.7線の「単位」欄が「円」になっていることに注意して下さい。単位が9日線・25日線・75日線と同じ円になっているので、同じような位置に描画されています。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..