1101 チャート事典

  [1101] 向き日数


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

意味

図は7007 佐世保の25日平均線(紺色)と25日平均線の向き日数(赤色)のグラフです。平均線は以下の役割がありました。
  1. 株価は平均線に比べて上にあるのか、下にあるのか(カイリ率またはクロス日数で調べる。)

  2. 株価が平均線からどの程度離れているか。(カイリ率で調べる。)

  3. 平均線の向きは、上向きか下向きか。(向き日数で調べる。)
図の25日平均線は、○の日に3度、その向きを転換しています。aまでは25日線は下降してき、ここで向きを変えて上昇に転じbまで上昇。bから下がりはじめてcまで下落。cから再上昇に移っています。平均線の向きを株価のトレンドとするなら、今は上昇トレンドにあります。

「向き日数」は、ある線(元データ)が@上向いてから何日経過しているか、A下向いてから何日経過しているか、を計算します。

上向いたばかりの「向き日数」は+1で、翌日も上昇していれば「向き日数」は+2、次の日は+3となります。図のaの上向いたばかりの日は+1です。

下向いたばかりの「向き日数」は-1で、翌日も下向いていれば「向き日数」は-2、次の日は-3となります。図のbの下向いたばかりの日は-1です。







規則 (向き日数)

元データ株価
出来高
信用買残・売残
共通銘柄終値
No.1〜50線
副データなし
加 工元データの上向き・下向きしてからの日数
上向いているとき+1,+2,+3...
下向いているのとき-1,-2,-3...
パラメータなし
単 位日・週・月(日数)
使用例・25日平均線の向き日数
・順位相関の向き日数




計算方法

「向き日数」は、元データとした計算値の前日と当日の値を比較し、
  1. 前日より当日の値が大きければ、上向きとして、その日数をカウント(値は+1,+2,+3,+4...)し、
  2. 前日より当日の値が小さければ、下向きとして、その日数をカウントし(値は-1,-2,-3,-4...)ます。
図は、元データを25日平均線としたときの「向き日数」の計算値です。
  1. No.18の日までは、25日平均値は前日に比べて小さくなっていたので、線の向きは下向きであり、No.18の日下向きしてから30日目(-30)でした。

  2. No.17の日に、25日平均は101.2→101.7と前日より大きな値になって上向きました。この日の向き日数は+1となります。

  3. 翌No.16も上向いているので、向き日数は+2となります。

  4. No.11に至り、25日平均は102.6→102.5と下落し、この日の向き日数は-1となります。








設定例@ 順位相関の向きによる買い・売りの設定



設定のポイント
No.3線 株価の9日順位相関を計算し、紺色で描画する。昨日か当日に-90以下なら買い。
No.4線 株価の17日順位相関を計算し、薄紫色で描画する。当日が-80以下なら買い。
No.5線 9日順位相関(No.3線)の向き日数を計算し、当日が上向いた(向き日数が1以上1以下)なら買い。
No.6線 No.3線(株価の9日順位相関)が、昨日か当日に+90以上なら売り。
No.7線 No.4線(株価の17日順位相関)が、+80以上なら売り。
No.8線 No.5線(9日順位相関の向き日数)が、当日にした向いた(向き日数が-1以上-1以下)なら売り。






グラフ@

図のaでは、@前日の9日順位相関は-90.4、A当日の17日順位相関は-89、B当日に9日順位相関が上向いた、ので買いマークがついています。

図のbでは、@当日の9日順位相関は+93、A当日の17日順位相関は+89、B当日に9日順位相関が下向いた、ので売りマークがついています。

順位相関の水準が単に+90以上で売りとしているとき、場合によっては連日+90となることがあるので、決め手にはなりません。

順位相関が下向きになったときに(見届けてから)売りとすれば、早めに売りすぎたということが防げます。









設定例A 平均線の向き日数による買い・売りの設定



設定のポイント
No.3線 株価の25日平均を計算し、紺色で描画する。
No.4線 株価の25日平均線からのカイリ率を計算し、紺色で描画する。-15%以下のとき買い。
No.5線 株価の75日平均を計算し、深緑色で描画する。
No.6線 75日線(No.5線)の向き日数を計算する。下向いてから50日以上たっていたら買い。(向き日数は、-99999以上 -50以下のとき買い)
No.7線 25日平均からのカイリ率が+15%以上のとき売り。
No.8線 向き日数(No.6線)が上向いてから40日以上たっていたら売り。(向き日数は、40以上 999999以下のとき売り)






グラフA

図は8110 川鉄商のグラフですが、bの位置で買いマークがでています。

bの日の@25日カイリ率は-15.9%であり、A75日平均線はaから下向きになりましたが、bの日で59日目でした。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..