1096 チャート事典

  [1096] ボックス帯


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

意味

「ボックス帯」は、2つの数値を使って□(ボックス)を描画します。図は5706 三井金の3日平均線(赤色)と、3日平均線のボックス帯(紫の□と黒の■)を描画しています。この場合のボックス帯は、前日の3日平均値と当日の3日平均値の2つの値を使っています。
  1. 前日の3日平均値を始値とし、
  2. 当日の3日平均値を終値とし、
  3. 終値が始値より高ければ、□のボックスを描画する。
  4. 終値が始値より安ければ、■のボックスを描画する。
となります。図で□が連続しているところは、終値(当日の3日平均値)が始値(前日の3日平均値)より高い、つまり3日平均線が上向いているところです。

図で■が連続しているところは、終値(当日の3日平均値)が始値(前日の3日平均値)より安い、つまり3日平均線が下向いているところです。

このようなグラフを描けば、3日平均線が上向いているのか下向いているのかがハッキリわかります。「ボックス帯」は平均線に限らず、2つの値を使ってボックスを描画します。




規則 (ボックス帯)

元データ株価
出来高
信用買残・売残
共通銘柄終値
No.1〜50線
副データ同上
加 工元データと副データの2つの値でボックスをつくる。元データが始値、副データが終値に該当する。
パラメータなし
単 位元データ・副データの単位(株価の単位)
使用例・3日平均足を描画
・裏足を描画



計算方法

ボックス帯は、すでにあるデータ(株価・出来高・信用残)や計算されているデータ(平均値や指数)のうちの2つの数値を使って、ボックスを描画するだけなので、特に計算方法はありません。

ボックスを描画する際のルールは、
  1. 1つの数値はどれを使うかを「元データ」に設定する。この数値が始値となる。
  2. もう1つの数値はどれを使うかを「副データ」に設定する。この数値が終値となる。
  3. 始値と終値を使って、ボックス(□か■)を描く。
  4. 始値<終値のときは□、始値>終値のときは■のボックスになる。




設定例@ 3日平均足と25日平均足の設定



設定のポイント
No.1線 株価の3日平均を計算する。
No.2線 株価の3日平均(No.1線)を1日先行させる。(昨日の3日平均の値が当日の値になる)
No.3線 昨日の3日平均(No.2線)を始値(元データ)にし、当日の3日平均(No.1線)を終値(副データ)にして、ボックス帯を赤色で描画する。
No.4線 株価の25日平均を計算する。
No.5線 株価の25日平均(No.4線)を1日先行させる。(昨日の25日平均の値が当日の値になる)
No.6線 昨日の25日平均(No.5線)を始値(元データ)にし、当日の25日平均(No.4線)を終値(副データ)にして、ボックス帯を深緑色で描画する。



グラフ@

ボックス帯の線の色は、条件表で設定できます。上の例では、3日平均のボックス帯は赤色で描画するように設定していますが、これは陽線(始値<終値)の□の色です。陰線(始値>終値)の■は、いつでも黒色で描かれます。




設定例A 裏足の設定

裏足は、@前日の株価の3日平均を始値(元データ)とし、A当日の株価始値を終値(副データ)とします。



設定のポイント
No.1線 株価の3日平均を計算する。
No.2線 株価の3日平均(No.1線)を1日先行させる。(昨日の3日平均の値が当日の値になる)
No.3線 株価の始値を取り出す。
No.4線 昨日の3日平均(No.2線)を始値(元データ)にし、当日の始値(No.3線)を終値(副データ)にして、ボックス帯を赤色で描画する。
No.5線 ボックスの終値(No.3線)-ボックスの始値(No.2線)を引く(「a-b」)。
No.6線 No.5線がプラス値(始値<終値)のとき+1とし、No.5線がマイナス値(始値>終値)のとき-とする。(「+-符号」)
No.7 No.6線(+1か-1かになっている)が8日間のうちに、何回+1になっているかを計算する。(8日合致回数)
No.8 No.7線(合致回数)が8以上のとき、売りとする。


この条件表は、を設定しています。


グラフA

裏足は、昨日の株価の3日平均値と当日の株価始値からボックスを作っています。昨日の相場が終わり、この結果をその日の夜にあれこれと考え、決断した結果が当日の寄り付き(始値)に凝縮されます。こ昨日から今朝の始値までには、相場は立っていませんが、立っていないときに考え・決断した答えが裏足というわけです。

通常裏足は、「はらみ」(前日の値巾内に当日の値巾が含まれる)に注目しますが、ここでは連続して陽線が8本以上でたときに売りの条件をつけました。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..