1071 チャート事典

  [1071] 登録表示


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

意味

陰陽足と出来高はグラフの基本です。さらにこれを補助するものとして、@主な株価、A登録表示、B主な日柄、があります。

《カナル》は、グラフを見たとき、目標値段や買値や傾向線・水平線をグラフ上で設定し、これを記憶することができます。(操作事典の目標値や買値を登録する傾向線や水平線を登録するを参照。)

後日同じ銘柄のグラフを描画したとき、登録してあるこれら登録数値が表示されると、グラフ見るときに有力な手がかりになります。


図は、2267 ヤクルト のグラフです。この銘柄は以下の4つの登録数値を記憶していたので、
  1. E値上値 (1305円)
  2. E値上値 (1350円)
  3. E値上値 (1425円)
  4. 安値傾向線
が表示されました。今は1015円を安値にして、株価上昇中ですが、3.の目標値が1425円(図ではA)であるし、先の高値が1441円なので、1400を超えたところは当面の上値目標です。







規則 (登録表示)

元データ株価
副データ 
加 工記憶している登録数値をグラフに表示する
パラメータなし
単 位なし
使用例「買い」「売り」などの売買条件を設定することはできない。 




登録数値

登録数値は銘柄ごとに記憶されています。どのような登録数値を記憶しているのかは、メニューの「表示(T)」→「登録抹消」で知ることができます。(操作事典の記憶している登録数値を消すを参照。)

図は、2267 ヤクルトが記憶している登録数値です。ヤクルトは、図のように4つの登録数値を記憶しています。(これは個々のユーザーが登録するので、人によって違います。)

1銘柄あたり最大15個の登録数値を記憶できます。




設定例@ 登録表示の設定



設定のポイント
No.3線 登録数値を描画する。「描画」欄を「する」にしていないと、表示しないので注意。



グラフから表示

「登録表示」は重要な加工であるので、どの条件表においても設定しておくことをお勧めします。

なおグラフ画面のメニュー「表示(T)」→「登録を表示」をクリックします。またはツールバーの「2枚旗の絵」をクリックして下さい。その場で登録数値を表示することができます。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..