1013 チャート事典
  [1013] HLC平均

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

意味

グラフは1812「鹿島」の9日平均線(緑色)と9日「HLC平均」線です。

株価の平均線は「終値」が使われます。これは、4本値(始値・高値・安値・終値)のうち「終値」が最も新しい(直近の)値段であるからです。

だが米国のテクニカル・チャートの中には「終値」の代わりに(高値+安値+終値)÷3をその日の株価とするものがあります。

「HLC平均」は、(高値+安値+終値)÷3をその日の株価として何日かの平均をするものです。

なぜ米国では終値に代えて(高値+安値+終値)÷3を使うのかの理由を知りませんが、実際のところ右図に見るように、「平均線」と「HLC平均線」とはほぼ同じものになります。違いは僅少です。

規則 (HLC平均)

元データ株価
副データ 
加 工1日の値動きのうちの(高値+安値+終値)÷3をその日の株価として、×日平均を計算する
パラメータ×日のHLC平均
単 位
使用例・株価の10日HLC平均=((高値+安値+終値)÷3)の10日間の平均


計算方法

株価の9日「HLC平均」を計算してみましょう。
  1. 当日の(高値+安値+終値)÷3 を計算します。No.16を例にすれば、(201+198+199)÷3=199.3です。(「HHLC/3」欄に表示)

  2. 「HLC/3」を当日の株価として、9日移動平均を計算します。No.8の9日平均は、No.16〜No.8の9日間の「HLC/3」を合計して9で割ったものです。(「9HLCav」欄に表示)


設定例@ 9日「HLC平均」を描画する設定



設定のポイント

No.3線 株価の9日平均を深緑色で描画する。
No.4線 株価の「HLC平均」をピンク色で描画する。
No.5線〜
No.10線
「HLC平均」の加工を使わなくても同じ計算ができるが、この場合は6行の設定をせねばならない。


グラフ@

日経平均の9日平均線(緑色)と9日HLC平均(ピンク色)を描画しています。

2008年10月は大暴落の月でしたが、このとき9日平均と9日HLC平均が最大にカイリしています。しかしそのカイリの率は0.79%でしかありませんでした。

またこの日(10月27日)の9日HLC平均は8618円、9日平均は8550円であるので、9日平均の方が株価(7162円)に近かった。9日HLC平均は急騰・急落の場面では、9日平均よりやや鈍い動きになります。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..