1012 チャート事典

  [1012] 傾向線


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

意味

《カナル24》のグラフ画面で、「目標値」や「傾向線」を登録することができます。グラフは3102 カネボウですが、ここには3つの傾向線を登録しています。
  1. は、「安値傾向」で、03年6月20日の日に、35(1日当たり0.35円の上昇角度)と登録
  2. は、「高値傾向」で、03年5月15日の日に、-25(1日当たり-0.25円の下降角度)と登録
  3. は、「高値水平」で、03年4月9日の日に、高値134円と登録
しています。このような登録された数値(「登録数値」と呼ぶ)は、後日グラフを見たときに表示され、自分がどのような傾向線や水平線を重視したかったのかがわかります。



傾向線を登録するには、グラフ画面のメニューの「表示」→「傾向・期間を登録」をクリックするか、図のツールバーの絵をクリックします。

@どのような傾向線を、Aどの日に登録するのかを指定する画面が現れるので、@Aを決めると、その銘柄固有の傾向線あるいは水平線として登録されます。(ユーザーが登録しない限り傾向線は記憶しない)


傾向線は、以下の8種類があります。


3102 カネボウ には右のような3つの傾向線が登録されているので、 グラフを描いたときには、この3つの傾向線を表示させることができます。

条件表に、傾向線を取出す条件行を設定しておけば、@傾向線を突破した銘柄を検索することができます。またAグラフを描画したとき、突破した日に売買マークを出すことができます。カネボウの例では、
  1. 安値傾向線を株価が下抜いた日に、「売り」として検索する。

  2. 高値傾向線を株価が上抜いた日に、「買い」として検索する。

  3. 高値水平線を株価が上抜いた日に、「買い」として検索する。
などです。(もしおなじ種類の傾向線が3つも4つも登録されていたときは、最も新しい日付の傾向線が取出されます。)

6種類の傾向線を取出すための「加工」として「傾向線」が用意されています。


規則 (傾向線)

元データ株価
副データ 
加 工銘柄ごとに登録されている傾向線を取出す
パラメータ1〜6の傾向線の番号(6種類の傾向線には1〜6の番号が与えられている)
単 位元データは株価なので、円
使用例・株価が高値傾向線を上抜いたら買い・株価が安値傾向線を下抜いたら売り


計算方法

水平線は、ある日の高値・安値を水平線にしたものなので、グラフのどこをとっても水平線の数値は同じです。いっぽう 傾向線は、1日当たりどれだけ上昇するか下落するかの角度が登録されています。

角度をもつ以上、傾向線の数値は日によって異なります。3102 カネボウ には、03年6月20日の日に「安値傾向」が登録されていました。このときの角度は35(1日当たり0.35円の上昇角度)となっていました。

カネボウの安値傾向の数値は以下のようになります。
  1. 03年6月20日より古い日の安値傾向線の数値は、0である。
  2. 03年6月20日の日の安値は127円なので、これがこの日の安値傾向の数値になる。
  3. 翌日03年6月23日の傾向線は、127円+0.35円=127.35円である。(右図では127と表示されている)
  4. 翌日03年6月24日の傾向線は、127.35円+0.35円=127.70円である。(右図では128と表示されている)
  5. 翌日03年6月25日の傾向線は、127.70円+0.35円=128.05円である。(右図では128と表示されている)
このように登録した日から0.35円ずつ傾向線は上昇していきます。(角度がマイナスのときは、傾向線は下降する)


設定例@ 株価が「安値傾向線」を下回ったら売りの設定



設定のポイント
No.3線 安値傾向線を取出す。(傾向線の「安値傾向」は、パラメータ欄で、2番型とすればよい)
No.4線 株価と安値傾向線がデッドクロスした日に売り。(クロス日数が-1以上 -1以下)

傾向線は8種類あり、1〜8の型番号が与えられていますが、8種類の型番号を覚える必要はありません。
  1. 加工欄に「傾向線」を指定し、
  2. パラメータ欄をクリックすると、上図下部のように、8個のボタンが表示されます。
  3. 取出したい傾向線のボタンをクリックすれば、その型番号がパラメータ欄に入ります。

グラフ@

設定例@ 「株価が安値傾向線を下回ったら売り」の設定のグラフは図のようになります。紫色が安値傾向線の直線です。
  1. Aの日は、安値傾向線を設定した03年6月20日です。この日の傾向線の数値は安値の127円です。

  2. Aの翌日から、傾向線が紫色で描かれています。

  3. 株価が傾向線を下回った日に売りマークが出ています。

    赤丸の日の株価は130円・傾向線の数値は134円。もうひとつの赤丸の日の株価は133円・傾向線の数値は135円。

設定例A 株価が傾向線のどれかを突破したら売り(または買い)の設定



設定のポイント
No.3線 安値傾向線を取出す。(傾向線の「安値傾向」は、パラメータ欄で、2番型とすればよい)
No.4線 株価と安値傾向線がデッドクロスした日に売り。(クロス日数が-1以上 -1以下)
No.5線 ここまでをAグループの条件とする
No.6線 高値傾向線を取出す。(傾向線の「高値傾向」は、パラメータ欄で、1番型とすればよい)
No.7線 株価と高値傾向線がゴールデンクロスした日に買い。(クロス日数が1以上 1以下)
No.8線 ここまでをBグループの条件とする
No.9線 高値水平線を取出す。(傾向線の「高値水平」は、パラメータ欄で、3番型とすればよい)
No.10線 株価と高値水平線がゴールデンクロスした日に買い。(クロス日数が1以上 1以下)
No.11線 ここまでをCグループの条件とする


もしAグループ・Bグループ・Cグループの分けなかったときは、E値を突破し、同じ日にV値を突破し、同じ日にN値を突破したときだけに売りマークがつきます。E値・V値・N値は、それぞれ別の日に突破されるでしょうから、このようのグループ分けして、どれかが突破された日び売りマークを出したほうがよいでしょう。





グラフA

3102 カネボウ は右のような傾向線が登録されていたとしましょう。

安値傾向は、a'の03年3月19日と、aの03年6月20日の2つが登録されているので、「安値傾向線」は、新しい日付である03年6月20日のものが取出されます。

高値傾向は、b'の03年4月9日と、bの03年5月15日の2つが登録されているので、「高値傾向線」は、新しい日付である03年5月15日のものが取出されます。





3102 カネボウ のグラフは図のようになります。
  1. の紫線は、03年6月20日に登録されている安値傾向線です。

  2. の青線は、03年5月15日に登録されている高値傾向線です。

  3. のオレンジは、03年4月9日に登録されている高値水平線です。
aの日にAの安値傾向線を株価が下に突破したので売りマークがついています。

bの日にBの高値傾向線を株価が突破したので買いマークがついています。

cの日にCの高値水平線(134円)を突破したので買いマークがついています。(多発している)



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..