1000 チャート事典

  [1000] チャート事典(加工別)


《カナル24》シリーズでは、非常に多くの加工(チャート)が利用できます。1つ1つのチャートの解説は「条件表の設定の画面」で、知りたい「加工」をクリックしておいて、「解説」ボタンをクリックすれば、当該のチャートの解説を読むことができます。

■ 加工の目次 ■ [読み索引] [用途別の目次] [ユーザー情報へ]

分類加工内容

トレンド系
(平均・傾向)

1001 平均最も一般的な代表値
1002 コスト平均株価の出来高加重平均
1003 平滑平均株価に一定の加重をつけて平均。MACD。
1004 回帰曲線回帰式から妥当株価を計算
1005 コポック平均株価に一定の加重をつけて平均
1006 仲値一定期間の高値と安値の中間の値
1007 先行計算値を先(将来)へずらす
1008 遅行線計算値を後(過去)へずらす
1009 転換線9日間の仲値。一目均衡表で使う
1010 基準線26日間の仲値。一目均衡表で使う
1011 目標値ユーザーが登録している目標値を利用する
1012 傾向線ユーザーが登録している傾向線や水平線を利用する
1013 HLC平均1日の(高値+安値+終値)÷3 を当日の株価として平均値を計算する
1117 高傾向線一定期間の最高値と次の小波動のピークを結ぶ右下がりの傾向線
1118 安傾向線一定期間の最安値と次の小波動のボトムを結ぶ右上がりの傾向線

変動の大きさ

1020 最大値ある期間の最大値を取り出す
1021 最小値ある期間の最小値を取り出す
1022 上昇率ある期間の最小値から最大値への上昇%
1023 下落率ある期間の最大値から最小値への下落%
1024 変動率ある期間の最大値と最小値の変化巾の株価水準に対する%
1025 HSボラヒストリカル・ボラティリティ
1180 トゥルーレンジAverage True Range。一定期間の変動幅。1日の値幅を測り、この単純平均または平滑平均を計算する

トレンド転換

1030 新値本数新値足。転換してからの本数を計算
1031 新値日数新値足。転換してからの日数を計算
1032 カギ足カギ足。転換してからの日数を計算
1033 カギ足肩抜カギ足。前の肩を抜いてからの日数を計算
1034 肩抜本数カギ足。前の肩を抜いてからの本数を計算
1035 P&Fポイント&フィギュア。転換してからの日数を計算
1036 HL転換ハイ&ローによる転換をしてからの日数を計算
1037 インジケータトレンド転換ではない。ある日を100としてその後はいくらの水準にあるかを計算
1038 パラボリックパラボリック・システムによる転換をしてからの日数を計算
1039 パラボリックC終値を使ったパラボリック・システムによる転換をしてからの日数を計算
1181 VボラストップVariable Volatility Stops。過去N日間の最高値(最安値)のATR(トゥルーレンジ)を加減してトレンド転換の目安にする
1182 アルーン・オシレータAroon Oscillator。トレンドの強弱・方向を表現する
1183 アルーン・インジケータAroon Indicator。トレンドの発生・強弱を表現する

オシレータ系

1040 過去増減X日前と比較して、その差を計算
1041 過去比率X日前と比較して、その変化率を計算
1042 相対力指数相対力指数。RSIを計算
1051 K相対力相対レシオとも呼ぶ。簡略化した相対力指数を計算
1053 VL相対力VL-RSIとも呼ぶ。変動の大きさによって相対力の期間を自動的に変化させて相対力指数を計算
1054 CCIカイリとカイリの変動幅との比率を計算
1043 ベクトル一定期間の1日当たりの変化率を計算
1044 順位相関RCI。一定期間の値の大小の順位と時期の順位の相関を計算
1045 ストキャスティクス%K一定期間の株価の高値・安値・終値の位置を計算
1052 ストキャスティクス%Dストキャスティクス%Kを滑らかにしたもの
1046 篠原CR篠原Cレシオ
1047 サイコロジカル一定期間の値上り日数の割合を計算
1048 オシレータ一定期間の株価の高値・安値・終値の位置の割合を計算
1049 DMI一定期間のトレンドの大きさを計算
1050 ADX+DMIと-DMIの合計
1055 ADレシオラリー・ウィリアムズのAD(アキュミュレーションとデ゙ィストリビューション)の累積
1056 ADオシレータラリー・ウィリアムズ開発の(アキュミュレーション)と(1日の値幅)の割合
1080 カイリ率計算値と、計算値の平均値とのカイリを計算
1081 相関係数A計算値とB計算値の相関係数を計算
1082 レシオケータA計算値とB計算値の、ある日の比率を100として、その後を計算
1083 回帰係数A計算値とB計算値の直線回帰式の回帰係数を計算。ベータ値。

出来高

1060 ワコーVRワコー・ボリュームレシオを計算
1061 大和VR大和・ボリュームレシオを計算
1062 出来高倍率一定期間の平均出来高と当日の出来高の倍率
1063 出来高回転率出来高回転率を計算
1064 予想出来高ユーザーが登録している予想出来高を利用する

グラフ表示だけ

1070 主な株価主な株価をグラフに描画
1071 登録表示登録数値をグラフに描画
1072 主な日柄主な日柄をグラフに描画
1073 サイクル株価の自己相関係数をグラフに描画
1074 IR高安ラリー・ウィリアムズの株価波動のピーク・ボトムをグラフに描画
1084 ゼロ・バランスラリー・ウィリアムズの2波動先の高値・安値の見当(あるべき姿)
1079 注意水準そのチャートの注意すべき水準に水平線を描く

陰陽足

1110 足型用意されている足型パターンを判別
1111 株価始値株価の始値を取り出す
1112 株価高値株価の高値を取り出す
1113 株価安値株価の安値を取り出す
1114 陽重要P陽線の重要ポイントを取り出す
1115 陰重要P陰線の重要ポイントを取り出す
1116 コマ足コマ足(平均足)を描画する

波動と日柄

1106 高値波動波動のピークの切上げ・切下げの回数を計算
1107 安値波動波動のボトムの切上げ・切下げの回数を計算
1085 クロス波動株価や指数の波動を決定する
1075 主な高値株価や指数の波動のピーク値を取り出す
1076 主な安値株価や指数の波動のボトム値を取り出す
1077 主な高日株価や指数の波動のピークが何日前にあるか
1078 主な安日株価や指数の波動のボトムが何日前にあるか
1086 固定日柄株価波動のピークやボトムから転換日の見当をつける
1087 均衡日柄株価波動のピークやボトムから転換日の見当をつける
1088 ラリーW日柄ラリー・ウィリアムズの日柄(波動間の日柄の1.28倍)
1089 フィボナッチ日柄波動間の日柄の1.618倍

上限線と下限線

1090 抵抗帯一目均衡表で使う
1091 ピボットピボットの上限・下限線を計算
1092 定数帯ある計算値を基準に上下に一定巾を加減
1093 %巾帯ある計算値を基準に上下に一定%を加減
1094 偏差帯ある計算値を基準に上下に標準偏差を加減。ボリンジャー。
1095 ハイロー帯ハイ&ローで計算される上限・下限線
1096 ボックス帯2線で□を描く
1097 帯下値数値だけ。XX帯の下限線の数値を表示する

日数

1100 クロス日数2線がクロスしてからの日数を計算
1101 向き日数計算値が上(下)向いてからの日数を計算
1102 位置日数計算値とXX帯の位置関係が始まったときからの日数を計算
1103 最大日数最大値からの日数を計算
1104 最小日数最小値からの日数を計算
1105 横這日数計算値に変化がなくなってからの日数を計算
1108 基準日基準日(yy年mm月dd日の日の計算値を取り出す

演算

1120 a+b2つの計算値の加算
1121 a−b2つの計算値の減算
1122 a×b2つの計算値の乗算
1123 a÷b2つの計算値の除算
1124 +定数ある数を加算
1125 −定数ある数を減算
1126 ×定数ある数を乗算
1127 ÷定数ある数を除算
1128 +値割合一定期間のプラス値の合計と全合計の割合
1129 +−倍率一定期間のプラス値の合計とマイナス値の合計の倍率
1130 +−符号プラス値のものは+1、マイナス値のものは-1に変換
1131 大きい値2つの計算値から大きいほうを取り出す
1132 小さい値2つの計算値から小さいほうを取り出す
1119 行順位値条件表の複数行の計算値を比較して、大きいほうからn番目の計算値を取り出す
1133 絶対値計算値の絶対値
1134 四捨五入計算値の四捨五入
1135 標準偏差一定期間の標準偏差SDを計算
1136 平方根計算値の平方根
1137 累計ある期間の計算値の合計
1138 行総和条件表の複数行の計算値を合計する
1139 X100-100計算値×100-100の計算をする
1140 LOG計算値の自然対数
1141 N乗計算値のN乗
1142 逆数計算値の逆数(1/N)
1143 小数切捨小数以下切捨て

特殊な加工

1150 加工なし何もしない
1151 合致回数計算値に条件を与えて、一定期間に合致した日が何回あるかをカウントする
1152 グループ1つの条件表をグループにわけ、各グループごとに売買マークをだせる
1153 買い個数買いの条件がいくつ満足されたかをカウントする
1154 売り個数売りの条件がいくつ満足されたかをカウントする
1144 買G個数買いマークを出したグループがいくつあるかをカウントする
1144 売G個数売りマークを出したグループがいくつあるかをカウントする
1066 期間買数一定期間に買いマークが何回出ているかをカウントする
1066 期間売数一定期間に売りマークが何回出ているかをカウントする
1155 日付取出ある条件を満足した日の日付(最新データから何本目か)を取り出す
1109 当日日付当日の日付(最新データから何本目か)を取り出す
1158 ピーク日付株価や指数のピークの日付(最新データから何本目か)を取り出す
1159 ボトム日付株価や指数のボトムの日付(最新データから何本目か)を取り出す
1145 G買い日付買いマークが出た日の日付(最新データから何本目か)を取り出す
1145 G売り日付売りマークが出た日の日付(最新データから何本目か)を取り出す
1146 G買い利用そのグループの買い条件を別のグループで利用する
1146 G売り利用そのグループの売り条件を別のグループで利用する
1147 G買い無効そのグループの買い条件の判断はするが、買いマークは出さない
1147 G売り無効そのグループの売り条件の判断はするが、売りマークは出さない
1065 買m延長そのグループが出した買いマークをn日間延長する(n日後まで買いマークを出す)
1065 売m延長そのグループが出した売りマークをn日間延長する(n日後まで売りマークを出す)
1156 日付数値「日付取出」「ピーク日付」「ボトム日付」などで取り出された日の指定した行の計算値を取り出す
1157 共通条件指定した銘柄がAの条件表で売買マークを出した日と、一般銘柄がB条件表で売買マークを出した日が一致すれば、真の売買マークを出す

市場データ

1160 値上銘柄一定期間の値上り銘柄数を合計する。平均する
1161 値下銘柄一定期間の値下り銘柄数を合計する。平均する
1162 騰落レシオ一定期間の値上り銘柄数と値下がり銘柄数の倍率
1163 値付き率一定期間の商い成立銘柄数の上場銘柄数にたいする割合
1164 イールドSイールド・スプレッド
1165 イールドレシオイールド・レシオ。金利と株式益回りの関係
1166 日経PER日経PERを取り出し平均する
1167 短期金利短期金利を取り出し平均する
1168 長期金利長期金利を取り出し平均する
1169 日経利益日経平均の1株利益を平均する

業績データ

1170 一株利益その銘柄の1株利益を取り出す
1171 一株配当その銘柄の1株配当金を取り出す
1172 資本金その銘柄の資本金を取り出す
1173 発行株数その銘柄の発行株式数を取り出す
1174 額面その銘柄の額面を取り出す
1175 一株純資産その銘柄の1株純資産を取り出す
1176 利益伸び率その銘柄の利益伸び率を取り出す
1177 PERその銘柄の株価と予想1株利益の倍率
1178 PBRその銘柄の株価と1株純資産の倍率
1179 ROEその銘柄の予想1株利益と1株純資産の割合



[加工の目次] [用途別の目次] [ 読み索引 ] [ユーザー情報へ]


株式会社 東研ソフト ……執筆:坂本 正治