1671《カナル24》操作事典
 [1671] 1日分CSVの内容を見る

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

■■ 注意 ■■
2017年4月から《カナル24》が扱える1銘柄あたりのデータ数は、500本から2200本に拡大されました。この操作事典でDTKB50の図や表記があれば、DTEX50と読み替えてください。またデータ数が500個とあれば2200個と読み替えてください。

「1日CSVから変換」の画面

1日CSVファイルを変換するためには、図の@ABの設定をしておかねばなりません。
  1. 受信データのある場所(本章)

  2. 1日CSVフォーム

  3. 変換手順
@は本章で説明し、ABは次章以降で説明します。

@受信データのある場所

「受信データのある場所」欄には、通常はC:¥tokenrec と設定します。

上図の「参照」ボタンをクリックすると、右図のような画面が現れます。「株価データを保存するフォルダ」(通常はC:¥tokenrec)と同じフォルダにして下さい。 
  1. ドライブを決めます。(例は、C:ドライブ)

  2. フォルダ欄の一番上に、指定したドライブ(C:¥)が表示されるので、C:¥をダブルクリックします。
  1. C:ドライブにある多くのフォルダが表示されます。

    tokenrec(受信データを保存するフォルダ)を探し、見つけたらダブルクリックします。

  2. 図の「場所」欄に、c:¥tokenrec と表示されたら、

  3. 「OK」ボタンをクリック。
これで、「受信データのある場所」欄は、c:¥tokenrec になります。

1日CSVファイルの内容を確かめる

  1. 受信データのある場所は、c:¥tokenrec になりました。

  2. 「更新(N)」ボタンをクリックすると、

  3. C:¥tokenrecフォルダにあるCSVファイルのリストが表示されます。

    図では、D060713.CSV が1日CSVファイルです。
  1. この内容を確認するために、D060713.CSV をクリックしておいて、「CSV表示」ボタンをクリックして下さい。

  2. D060713.CSの内容が表示されます。

次章では、この内容を見ながら、1日CSVフォームの設定をします。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..