1462《カナル24》操作事典
 [1462] 結果ファイルの内容を全部消す

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

■■ 注意 ■■
2017年4月から《カナル24》が扱える1銘柄あたりのデータ数は、500本から2200本に拡大されました。この操作事典でDTKB50の図や表記があれば、DTEX50と読み替えてください。またデータ数が500個とあれば2200個と読み替えてください。

結果ファイルの内容を消す

結果ファイルは各条件ファイルごとにNo.1〜No.999まであります。2つの結果ファイルに記憶されている銘柄を、1つの結果ファイルに記憶させる方法として、3つの方法が用意されています。
  1. 併合=結果ファイルNo.AとNo.Bの銘柄を1つの結果ファイルに記憶させる。

  2. 重複=結果ファイルNo.AとNo.Bの銘柄のうち共通の銘柄だけを1つの結果ファイルに記憶させる。

  3. 重複抹消=結果ファイルNo.AとNo.Bに共通でない銘柄だけを1つの結果ファイルに記憶させる。

  4. 複写=結果ファイルNo.Aの銘柄を結果ファイルNo.Bに複写する(No.AとNo.Bは同じ銘柄になる)
があります。本章は「複写」を使って、記憶している結果ファイルの内容を消す方法の説明です。

不用になった結果ファイルを消す

結果ファイルはどんどん増えていきます。ずいぶん古い時期に検索したり、登録したりした結果ファイルを抹消して整理したいことがあるでしょう。

不要になった結果ファイルを抹消する方法は2つあります。
  1. 1つは、@日付・タイトルが空白で、A選択銘柄が0の結果ファイルを、B抹消したい結果ファイルNo.に上書きする。

  2. もう1つは、「結果複写」の機能を使って、@日付・タイトルが空白で、A選択銘柄が0の結果ファイルを、B抹消したい結果ファイルNo.に複写する。
の2つです。

@「上書き」による方法

スタート画面のメニューの「銘柄(M)」→「結果ファイル修正」をクリックすると、「結果ファイル・メンテナンス」の画面が現れます。
  1. 当初は結果ファイルNo.=0 となっています。

  2. また日付欄は「000000」または空白、タイトルは空白になっており、

  3. 選択銘柄数は0個になっています。

  4. 「記憶」ボタンをクリックして下さい。
  1. 記憶先の結果ファイルNo.を指定して下さい。ここでは抹消したい結果ファイルNo.200を選びます。

  2. 今記憶しようとしているのは@日付が「000000」Aタイトルが空白、B選択銘柄が0個の結果ファイルです。これが指定した結果ファイルNo.15に上書きされます。

    「OK」ボタンをクリックして、空白の結果ファイルを上書きします。
結果ファイルNo.200は空白になります。つまり抹消されたわけです。
なお、選択銘柄数が0個のときは、基本的に結果ファイルを「記憶」させることはできません。
  1. 日付欄が「000000」または「   」(空白)で、

  2. タイトル欄が空白で、

  3. 選択銘柄が0個
のときに限り、「記憶」することができます。

右図ではタイトル欄が空白でないので、「記憶」させることはできません。「記憶」ボタンをクリックしても次に進みません。

A「結果複写」による方法


スタート画面のメニューの「銘柄(M)」→「結果ファイル修正」をクリックすると、「結果ファイル・メンテナンス」の画面が現れます。
  1. この銘柄一覧表には
    @何も選択されいなくてもよいし、

    Aどのような銘柄が選択されていてもよいし、

    B目的の結果ファイルNo.980が表示されていなくてもかまいません。
  1. メニューの「結果複写」をクリックします。

空白の結果ファイルNo.を複写する

右図は送り側と受け側は、同じ結果ファイル一覧表です。(同じ結果ファイルの中での複写をします)
  1. 左半分は送り側を指定する欄です。

  2. 送りたい(複写元の)結果ファイルNo.をクリックして選択します。

    ここでは、何も記憶していない結果ファイルNo.240を選択します。(タイトルが空白で、銘柄数が0 のものであればどれでもよい)
  1. 右半分は受け側を指定する欄です。

  2. 受けたい(複写先の)結果ファイルNo.をクリックして選択します。

    ここでは記憶している銘柄を消したい結果ファイルNo.200を選択します。

  3. 「複写」ボタンをクリック。

  4. 受け側のNo.200はタイトルが空白になり、銘柄数が0になります。
  1. 抹消したい結果ファイルNo.を次々に指定して、

  2. 空白の結果ファイルを複写すれば、連続して結果ファイルを抹消することができます。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..