1354《カナル24》操作事典
 [1354] 売買時期を検討する

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

売買時期

「検証リスト」の画面からは
  1. 「売買成績」
  2. 「損益経過」
  3. 「売買時期」
  4. 「グラフ」
  5. 「売買グラフ」
の5つの画面に進むことができます。本章は「売買成績」の説明です。

「売買検証」をして、検証リストを見れば、いつ仕掛け、いつ手仕舞ったのかは数字で知ることができます。(1352 検証リストの見方を参照)「売買時期」はそれをグラフで確認しようとするものです。

グラフ上にすべての売買(の仕掛け)がどこで行われたのかをまとめて表示します。これを見ることによって、よりよい条件表を作成するヒントが見つかることもあるでしょう。またいくら「売買成績」の勝率がよくても、その仕掛けがある一時期に集中していれば、この条件表はその一時期という特殊な局面にしか通用しないのではないかと反省する材料にもなるでしょう。

@売買時期のグラフ


  1. この例では225銘柄についての「売買検証」をしましたが、グラフに描かれる銘柄は、初めは銘柄一覧表のトップにある銘柄です。通常、銘柄一覧表のトップにある銘柄は1001「日経平均」です。「売買時期」のグラフでは1001「日経平均」がいつもグラフに描かれます。(日経平均以外の銘柄を描画したいときは、メニューの「別の銘柄(M)」で変更できます。)

  2. 描画されるチャートは、「売買検証」のスタート画面で指定した条件表No.に設定されているものです。この例では、No.13「75日線売買@(20日以上)」の検証をしているので、条件表No.13のグラフが描かれます。(条件表No.13以外で描きたいときは、メニューの「別の条件(J)」で変更できます。)

  3. 条件表No.13が「売買ルール」にもとづいて、買いの仕掛けをした日は、画面下部に表示されます。Bのピンク色の棒グラフは、「買い仕掛けで成功したもの」

  4. Cのピンク色の折れ線は、「買い仕掛けで失敗したもの」です。成功とは、その後の手仕舞いによって利益が出たものであり、失敗は利益が出なかったものです。

  5. 条件表No.13が「売買ルール」にもとづいて、売りの仕掛けをした日は、画面上部に表示されます。Dの青色の棒グラフは、「売り仕掛けで成功したもの」

  6. Eの青色の折れ線は、「売り仕掛けで失敗したもの」です。成功とは、その後の手仕舞いによって利益が出たものであり、失敗は利益が出なかったものです。

A時期の数値表示

次図で、買いの仕掛けはA,B,c,dがあります。c,dは買い仕掛けが失敗(利益が出なかった)。A,Bは成功(利益が出た)。 売りの仕掛けは、E,F,G,h,iなどです。E,F,Gは売り仕掛けが成功(利益が出た)。h,iは失敗。

売買時期を表す棒グラフ・折れ線グラフは、その日に仕掛けとなった銘柄数を表しています。

225銘柄を対象に「検証」をしたとき、ある日は15銘柄で仕掛けをし、ある日には3銘柄の仕掛けをしていることもありますから、棒グラフ・折れ線グラフの高さは日によって違います。(図のA,B,E,F,Gの棒グラフの高さが違う)
  1. 次図の位置にカーソルを移動させると(画面左下隅の「<・>」をクリックする)、この日の仕掛けの状況が数値欄に表示されます。

  2. 数値欄には、左から順に、次の項目が表示されています。

    • B成功 (ピンク色棒グラフ。買い仕掛け)の件数(2件ある)
    • B失敗 (ピンク色折れ線グラフ)の件数(0件)
    • Bシェア(この日の買い仕掛けの件数が全買い仕掛け(140件)の件数に占める割合。(1.4%)
    • B勝率 (この日のB成功の件数÷(B成功件数+B失敗件数)X100。(100%)
    • S成功 (青色棒グラフ。売り仕掛け)の件数(この日は0件)
    • S失敗 (青色折れ線グラフ)の件数(0件)
    • Sシェア(この日の売り仕掛けの件数が全売り仕掛けの件数(177件)に占める割合。(0%)
    • S勝率 (この日のS成功の件数÷(S成功件数+S失敗件数)X100。(0%)

B売買時期のメニュー

この画面には次のメニューとツールバーがあります。
  1. 「別の銘柄」は、別の銘柄のグラフを描くことができます。
  2. 「別の条件」は、別の条件表No.でグラフを描きます。
  3. 「日月」は、グラフを日足・週足・月足に切り替えます。
  4. 「期間」は、グラフの表示期間を変更します。
  5. 「表示」は、@主な株価を表示、A登録を表示、B株価データを表示、C数値リストを表示します。
  6. 「印刷(P)」は、この画面のハードコピーをプリンターに印刷します。
ツールバーの絵は左から順に、@別の銘柄、A別の条件表、B月別時期、C期間変更、D陰陽足縮小、E陰陽足拡大、F過去日付へ、G最新日付へ、H日足グラフ、I週足グラフ、J月足グラフ、K主な株価、L登録表示、M株価データ表示、N数値リスト表示、O印刷 を表しています。

(別の銘柄の例)

「別の銘柄」で、8604「野村」のグラフに変更しました。このとき、
  1. 売買時期の棒グラフ・折れ線グラフは変わりません。(描く銘柄によって位置が変わることはない)

  2. グラフに打たれる売買マーク(↑↓)はその銘柄固有の売買マークだが、売買時期の棒グラフ・折れ線グラフは変わりません。

(別の条件の例)

「「別の条件」で、条件表No.7「一目均衡表」に変更しました。このとき、
  1. 売買時期の棒グラフ・折れ線グラフは変わりません。(描くチャートによって位置が変わることはない)

  2. グラフに打たれる売買マーク(↑↓)はその条件表No.の設定されている売買条件から出されているが、売買時期の棒グラフ・折れ線グラフは変わりません。

(月足グラフ)

「月足」に切り替えると、図のようにその月に何回の買いマークが出て、何回の売りマークがでたのかが表示されるので便利です。(週足はこの機能はない)

次の「月別時期」は数字でこのことを表しますが、「月足グラフ」はグラフで同じことを表します。

図では買いマークは2002年から2004年前半にかけては満遍なく出ていますが、2004年後半から2005年中と2008年には1度も出ていません。

売りマークはだいたい毎年1度は出ていますが2005年には出ていません。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..