1204《カナル24》操作事典
 [1204] ソートで並べ替えをする

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

検索リストをソートする

検索リストは、当初はコード順(同じコードなら日付順)になっています。

検索リストのタイトルの項目をキーにして、検索リストを並べ替える(ソートする)ことができます。

例えば出来高の多い順であるとか、株価の高い順だとか、25日変動率の低い順に並べ替えることができます。

メニューの「キーソート(N)」をクリックして下さい。

@ソートで指定すること

ソートするには、図の3つのことを指定します。
  1. キー項目

    「出来高」順とか「株価」順とかのソートしたい項目のことを「キー項目」といます。図のようなソートのキー項目の選択画面が現れます。

    この項目は「コード」〜「現在値」までは、どの条件表でも同じです。しかし「25AV」〜「13%D」の項目は、条件表によって異なります。( 1202 単独検索ができたの検索リストのタイトルを参照。)

    ここでは。「9up%」の計算値についてソートしてみます。「9up%」をクリックして選択して下さい。

  2. ソート(並べ替え)のしかたは、「大→小」と「小→大」の2とおりの順があります。さらに「ソートしない」を選択することができますが、これはこの頁の下の「選択項目を優先表示」で説明します。

  3. 「選択項目を優先表示」にチェックを入れておくと、使った項目(ここでは「9up%」が検索リストのタイトルの初めのほうに表示されます。(後述)

  4. ここでは、「9up%」をキーにして「小→大」の順にソートをします。「実行]ボタンをクリック。

Aソートされた検索リスト

「9up%」(株価の9日前過去比率)の数値が小さい銘柄から、大きい銘柄に向かって検索リストが並べ替えられました。トップは 7962「キングジ」で数値は 2.4、次は1834「小田急建」で5.8です。
「大→小」の順にソートすると右図のようになります。「9up%」(株価の9日前過去比率)の数値が大きい銘柄から、小さい銘柄に向かって検索リストが並べ替えられました。

このようにキー項目で検索リストを並べ替えると、グラフを見たい銘柄や結果ファイルに記憶させたい銘柄を選択することが容易になります。

Bキー項目を優先表示する

次図は、この検索で使った条件表No.13「75日線売買@」の条件表の内容です。

検索リストのタイトルの青枠部分は、条件表に「印字する」と設定してある項目です。上図では、「25AV」「75AV」「Hクロス」「Lクロス」「25Hen」「9up%」「42Hen」「25up%」「75avM」「13%D」などの10項目が「印字する」と設定されています。この10項目が検索リストのタイトル(および計算値が)に表示されています。

ソートの指定の画面には「選択項目を優先表示する」のチェック項目があります。これをチェックしておくと、選択しているキー項目は、検索リストの初めの位置に表示されます。
  1. キー項目は「25up%」(株価の25日前過去比率)

  2. 「大→小」の順にソートする

  3. 「優先表示」をチェックしておく

「25up%」は検索リストのタイトルのうちでは後半部分に表示されていましたが、「優先表示」を採用したために、図のようにタイトルの先頭に表示されます。

Cソートをしない選択もある

図は、条件表No.13「75日線売買@」で検索したときの検索リストです。

検索リストのタイトルを見ると、「25AV」「75AV」「Hクロス」「Lクロス」「25Hen」「9up%」までの6項目は表示されていますが、

「42Hen」「25up%」「75avM」「13%D」の4項目は表示されていません。(検索リストの画面の大きさの制限から

「優先表示する」の機能を使えば、隠れている4項目のうちの1つを見ることができます。
「キーソート」をクリックして「ソート」の画面を出します。
  1. キー項目は「13%D」(隠れている4項目のうちの1つ)とし、

  2. 「ソートしない」を指定し、

  3. 「優先表示する」をチェックして、「実行」すると

  4. キー項目とした「13%D」(13日ストキャス%Dの3日平均)が検索リストのタイトルの先頭に表示されるので、「13%D」の数値を見ることができます。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..