1017《カナル24》操作事典
 [1017] メニューとサブメニューについて

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

スタート画面のメニュー

《カナル24》を立ち上げると、スタート画面が現れます。画面の最上部にメニューバー(単にメニューともいう)があります。

カナルにはスタート画面のほかに多くの画面(約110画面)がありますが、画面によってはスタート画面のようにメニューを持つものがあります。

(メニューがない画面もありますが、その画面の仕事が単純な場合です。多くの機能を持つ画面にはメニューがあります。)

スタート画面のメニューは《カナル24》の仕事の分類をしています。

メニュー

上図では画像が小さいので、通常の大きさのものを掲げます。


現在の《カナル24》のメニューは、
  1. グラフ
  2. 計算
  3. 検証
  4. 条件
  5. 銘柄
  6. データ
  7. オンラインデータ
  8. ユーティリティ
  9. アップデート
  10. ヘルプ
  11. ドライブ
の11個がありますが、これはいわば大分類です。このメニューの下に、より具体的な仕事のメニュー(サブメニューがあります。)

@「グラフ」のサブメニュー

「グラフ」のサブメニューはありません。「グラフ」をクリックすると直ちにグラフ描画に移ります。

A「計算」のサブメニュー

「計算」をクリックすれば、サブメニューが現れ、用意されているどの計算をするのかを指定します。

「計算」のサブメニューには、以下の9個があります。
  1. 単独検索ソート
  2. 予想検索
  3. 今日の相場
  4. 統計
  5. 絞込み
  6. 並列検索
  7. 共通検索
  8. 全体個数
  9. 全体平均

B「検証」のサブメニュー

「検証」をクリックすれば、サブメニューが現れ、新規に検証するのか、検証ずみの検証結果を見るのかを指定します。

「検証」のサブメニューには、以下の5個があります。
  1. 新規検証
  2. 連続検証
  3. 検証結果
  4. 検証結果の成績対比表
  5. 検証結果の連続印刷

C「条件」のサブメニュー

「条件」のサブメニューはありません。「条件」をクリックすると条件表の設定画面に移ります。

D「銘柄」のサブメニュー

「銘柄」をクリックすれば、サブメニューが現れ、用意されているどのような「銘柄」についての処理をするのかを指定します。

「銘柄」のサブメニューには、以下の4個があります。
  1. 登録・抹消・変更
  2. 銘柄移し替え
  3. 売買単位修正
  4. 結果ファイル修正

E「データ」のサブメニュー

「データ」はサブメニューがあり、さらにそのサブメニューに「小メニュー」があります。カナル24で扱うデータは、
  1. 株価データ
  2. 市場データ
の2種類のデータがあります。株価データ(と市場データ)には日足データ・週足データ・月足データがあるので、日足データを元にして、週足データや月足データを作る機能もあります。

そこで「データ」のサブメニューは上記2つのサブメニューと「週月足作成」および「株価データをバックアップする」のサブメニューがあります。

「データ」をクリックすれば、サブメニューが現れ、用意されているどのデータについての処理をするのかを指定します。

「株価データ」を指定すると、株価データについてどのような処理をするのかの「小メニュー」が現れます。市場データも小メニューがあります。)

「株価データ」の小メニューには、
  1. データ修正
  2. データ接合
  3. データ削除
  4. 最新削除
  5. 日付変更
  6. 単位変更
  7. データ検査
  8. カナルデータ→CSVファイルを作成
  9. CSVファイル→カナルデータへ変換
  10. 最新入力
  11. 過去入力
の11個があります。どれも株価データを整備するのに必要な機能です。

F「オンライン・データ」のサブメニュー

「オンライン・データ」は次の3つのサブメニューがあます。
  1. オンラインから変換(受信・ダウンロードしたデータをカナルのデータに変換する)

  2. HPから株価データをダウンロード(《カナル24》が必要としているデータをHPにアップしている)

  3. 1996年からの過去の株価データをダウンロードする

G「ユーティリテイ」のサブメニュー

「ユーティリテイ」は、「計算」「銘柄」「データ」メニューのように仕事が一定の分野に限られておらず、いわば雑多な機能が入っています。

「ユーティリテイ」のサブメニューには、以下の7個があります。
  1. 銘柄一覧表のフォントの変更
  2. データ領域確保
  3. データ領域解放
  4. 銘柄一覧表の復活
  5. プリンターの設定
  6. 株価データを500本→2200本へ拡大
  7. 条件ファイルを199本→999本へ拡大)

H「アップデート」のサブメニュー

「アップデート」はプログラム、条件表、銘柄マスターをダウンロードして最新のものにしたり、CD-ROMにある初期の株価データをインストールします。

「アップデート」のサブメニューには、以下の6個があります。
  1. 最新バージョンをダウンロード
  2. 条件表をダウンロード
  3. ヘルプファイルをダウンロード
  4. 各種ファイルをダウンロード
  5. 結果ファイルをダウンロード
  6. CD-ROMから株価データをインストール
  7. お知らせ自動接続をするかどうか

I「ヘルプ」のサブメニュー

「ヘルプ」のサブメニューには、
  1. この画面(スタート画面)のヘルプ
  2. 操作事典のヘルプ
  3. チャート事典のヘルプ
  4. 役立つ講座のヘルプ
があります。全体のヘルプがあまりにも巨大になったので、分類し、すばやく知りたい箇所にいけるようにしています。

J「ドライブ」のサブメニュー

「ドライブ」のサブメニューはありません。「ドライブ」をクリックすると直ちに「ドライブと環境」の描画が現れます。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..