1556《Qエンジン》操作事典
 [1556] 注雑リストの順序変更

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

注雑リストの表示のしかた

メニューの「注雑点の統計」か「注雑点の整理」をクリックすると、次のような注雑リストが表示されます。

  1. 右方向には、チャートの数値が表示されています。この場合は(計算2)No.11「計算 一般銘柄A」を使ってオートマにかけたのでNo.11の22種類のチャートの数値が表示されますが、モニター画面が小さいので22種類のすべてのチャートの数値は表示できていません。
    このとき注目したいチャートの数値をモニターに表示させるにはメニューの「要因変更」を使います。

  2. 縦方向には、@銘柄コードの若い順に、A日付が古い順に表示されています。
    この順番を変更(例えば、日付順とか、特定のチャートの数値の大きい順とか)するにはメニューの「ソート」を使います。

@要因の並びの順番を変更する


  1. 図では、9rci,25rci,25kd,75kd,200kd などの要因(チャート)の数値が表示されていますが、別の要因の数値を見たいときは「要因変更」をクリック。

  2. 22種類のチャートが表示されるので、ここから10個以内の要因(チャート)を選択し、

  3. 「OK」ボタンをクリック。



  4. 指定した要因(チャート)の数値が表示されます。
    図では75crs,200crs,9hen,25hen ...の数値が表示されています。

A要因をキーにしてソートする

次図のリストは、赤色枠(a)のコード+年月日の順に表示されています。これを青色枠(b)の(75kd)75日線カイリの大きさの順に表示させるには「ソート」を使います。



  1. メニューの「ソート」をクリック。

  2. 要因が表示されるので、

  3. (75kd)を選択し、

  4. 数値が(大きい順)なのか(小さい順)なのかを指定して

  5. 「実行」ボタンをクリック。


  6. 赤色枠のように(75kd)は大きい数値の順に並び替えられます。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..