1517《Qエンジン》操作事典
 [1517] 条件生成ログを見る

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

ログにはオートマが条件表を生成した過程が記憶されている

オートマが条件表を生成したときには、1)どういう順番で局面を絞り、2)その結果注目数はいくつに減ったのかを記憶した「ログファイル」ができています。

(拡張4)条件表No.161は、トリガーとして「陰陽足/順」を使い、局面を絞るチャートとして「計算 日経先物C」を用いて条件表が生成されました。この条件表生成の過程を知るには、次のようにします。
  1. 「生成先条件表」欄で、(拡張4)No.161を指示しておいて、

  2. 「ログ」ボタンをクリック。

  3. 「条件生成ログ」の画面に切り替わるので、No.161が選択されていることを確認して、「ログ」ボタンをクリック。
画面下部に局面を絞った順番と注目数が表示されます。
  1. まではトリガーによって抽出された注目点です。この時点で注目数は96個あります。

  2. 次に「125日先行」で局面を絞ると、注目数は55個に減少します。

  3. での注目数は37個になっています。

  4. で注目数は33個になりました。
最小注目数を50個と指示した場合は、上図のNo.6行目までの条件行が(拡張4)No.161へ自動的に設定されます。あとから注目数を50個としたいなら、No.7行以下の行を抹消すればよいのです。

注目数を50個以上としたときの条件表は次のようになります。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..