1241《Qエンジン》操作事典
 [1241]  売買グラフを見る

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

売買グラフ

「検証リスト」の画面からは
  1. 「売買成績」
  2. 「損益経過」
  3. 「売買時期」
  4. 「グラフ」
  5. 「売買グラフ」
の5つの画面に進むことができます。本章は「売買グラフ」の説明です。

条件表が出す売買マークと「売買検証」が仕掛ける日は完全には一致しません。

右図は条件表No.13「75日線売買@(20日以上)」を使って、8267「イオン」のグラフを描いたものです。

ここにはa,bの売りマークが出ています。しかしこれによって2回の売り仕掛けをするということにはなりません。

この売買検証は1221 (225) 新規検証の実行手順で述べたように、以下のような売買ルールにもとづいて行われます。
  1. 仕掛けは、買いマークが出た「翌日の始値」で買う。

  2. 時間切れは、買ってから30日が経過したら、「翌日の始値」で売却する

  3. 利食いは「当日のザラバ値で行い」、3通りがある。
    (利食いA)は仕掛けた値段から15%の利益が出たときザラバで売却する。
    (利食いB)は仕掛けてから15日が経過した後、仕掛けた値段から10%の利益が出たときザラバで売却する。

  4. 損切りZは、当日終値が仕掛けた値段から-15%の損失になったとき、翌日の始値で売却する。
時間切れの期限は30日としているので、aの初めの買いマークで売った後は、利食いできるか、損切りするかの原因が発生しない限り30日間は建て玉を維持します。したがってaから30日以内のbで、続けて売りの仕掛けをすることはありません。

@どの売買マークで仕掛けたか

図は(標準3)の条件表No.13「75日線売買@(20日以上)」の売買検証をしたものです。(1222 (225) 検証リストの見方) 新規検証をしたときは、次図のような検証リストが表示されます。

8267「イオン」は080416S(2008年4月16日)に1286円で売り仕掛けをして、080428(2008年4月28日)に1494円で手仕舞い(●損切Z)となっています。

売買マークと仕掛けの関係をグラフで見たいなら、
  1. リストのうちから見たい銘柄の行をクリックして紺色にして、
  2. 「売買グラフ」ボタンをクリックします。

  3. 条件表条件表No.13「75日線売買@(20日以上)」を使って、8267「イオン」のグラフが描画されます。

  4. 画面上部に■マークがついた日があります。これは条件表が出した売りマークです。しかし仕掛け・手仕舞いのマークではありません。

  5. 青色↓が「売り仕掛け」です。

  6. △は「売りの手仕舞い」を表します。
    △にアルファベットが振ってありますが、これは決済の原因を表しています。(Zは「損切りZ」、Jは「時間切J」など)
買い仕掛けと買いの手仕舞いのマークは次のようになります。
  1. 画面下部に■マークがついた日があります。これは条件表が出した買いマークです。しかし仕掛け・手仕舞いのマークではありません。

  2. 赤色↑は「買い仕掛け」です。

  3. ▽は「買いの手仕舞い」を表します。
    ▽にアルファベットが振ってありますが、これは決済の原因を表しています。(Aは「利食いA」)

手仕舞い(決済)の▽あるいは△につけられるアルファベットは決済の原因を表示しています。 決済の原因は売買ルールにあるように
  1. 時間切れ(J)
  2. 反対の売買マークがでた決済(K)
  3. 利食い(A)
  4. 利食い(B)
  5. 利食い(C)
  6. 利食い(D)
  7. 損切り(Z)
  8. 損切り(X)
  9. 損切り(Y)
の9種類があります。
「売買グラフ」のメニューとツールバーは「グラフ」と同じ機能です。

「終了」で検証リストに戻ります。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..