1212《Qエンジン》操作事典
 [1212] (日経) 検証リストをソートする

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

ソート

「検証リスト」のメニューから
  1. 「ソート」
  2. 「ヒストグラム」
  3. 「行抹消」
  4. 「行選択」
などの画面に進むことができます。本章は「ソート」の説明です。
  1. 検索リストは、当初はコード順(同じコードなら日付順)になっています。

    検索リストのタイトルの項目をキーにして、検索リストを並べ替える(ソートする)ことができます。

    例えば「最終%」の大きい順であるとか、仕掛けた株価の高い順だとか、建て玉した日数の短い順に並べ替えることができます。

  2. メニューの「ソート(N)」をクリック。

@ソートで指定すること

ソートするには、図の3つのことを指定します。
  1. キー項目

    「仕掛年月日」順とか「最高%」順とかのソートしたい項目のことを「キー項目」といます。図のようなソートのキー項目の選択画面が現れます。

    ここでは「最高%」についてソートしてみます。「最高%」とは、仕掛けてから決済するまでの間の最も高い利益率(終値ベース)のことです。

  2. ソート(並べ替え)のしかたは、「大→小」と「小→大」の2通りの順があります。 ここでは、「最高%」をキーにして「小→大」の順にソートをします。

  3. 「OK」ボタンをクリック。

Aソートされた検索リスト


「最高%」の数値が小さいものから、大きいものに向かって検索リストが並べ替えられました。の「最高%」は0.0%です。リストの下方部は次図のようになっています。


B決済区分のソート

決済区分は、
  1. 時間切れ(J)
  2. 反対の売買マークがでた決済(K)
  3. 利食い(A)
  4. 利食い(B)
  5. 利食い(C)
  6. 利食い(D)
  7. 損切り(Z)
  8. 損切り(X)
  9. 損切り(Y)
の9種類がありますが、この決済区分をキーにしてソートすることができます。
このときは、以下の順に数値が小さいものとされます。
  1. ◎ 利食い(A)
  2. □ 利食い(B)
  3. ○ 利食い(C)
  4. ◇ 利食い(D)
  5. = 反対の売買マークがでた決済(K)
  6. − 時間切れ(J)
  7. ● 損切り(Z)
  8. × 損切り(X)
  9. ▼ >損切り(Y)


次図では、「◎ 利食い(A)」が並び、ついで「− 時間切れ(J)」が並んでいます。



目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..