2024《デンドラ》波動事典
 [2024] 前波動基準の上限・下限線はいつ決まるか?

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

陰転・陽転が上限・下限を変化させる

前波動基準の上限線・下限線は、前波動のパタン情報から導かれています。カギ足が陰転・陽転することによって、新たな今波動が生まれ、それまでの今波動は前波動になります。前波動が変れば、これに伴って上限線・下限線も変化します。図は4452「花 王」のグラフです(10%波動)。前波動基準の中位の上限線(赤線)と下限線(茶色線)が描かれています。


図の@の日の株価は2185円で、まだ10%カギ足は陽転中であり、したがって今波動は上昇波動(S274)にあります。

@の日の「波動パタン情報」は以下のようになっています。

  1. 前波動は(B424)であり、前波動からの上値のメドは、2161円(中位)〜2395円(1/4位)である。
  2. 今波動は(S274)であり、今波動からの上値のメドは、2323円(中位)〜2539円(1/4位)である。
  3. 次の下降波動の下値のメドは、2000円(中位)〜1808円(1/4位)である。

@陰転したら下限線が変る


図のAの日に、株価は2140円に下落し、10%カギ足が陰転しました。昨日までの今波動であった(S274)は前波動になり、新しい今波動の(B742)が生まれました。

Aの日の「波動パタンの情報の表」は以下のようになりました。

  1. 前波動は(S274)であり、前波動からの下値のメドは、2000円(中位)〜1808円(1/4位)である。
  2. 今波動は(B742)が生まれました。今波動からの下値のメドは、2097円(中位)〜2000円(1/4位)である。
  3. 次の上昇波動の上値のメドは、2568円(中位)〜2825円(1/4位)である。

A安値を更新しても前波動基準の下限線は変らない


図のBの日に、株価は一段と下落し2030円となりました。

Bの日の「波動パタンの情報の表」は以下のようになりました。

  1. 前波動は(S274)であり、前波動からの下値のメドは、2000円(中位)〜1808円(1/4位)である。
    (前波動からの下値メドは変化しません。)
  2. 今波動は(B642)に変化したので、今波動からの下値のメドは、2073円(中位)〜1976円(1/4位)へと下がった。
  3. 次の上昇波動の上値のメドは2436円(中位)〜2720円(1/4位)である。
    (次の波動の上値のメドは安値からXX%の上昇をするという計算なので、安値となった分だけ、上値のメドが下がった。)

B陽転したら上限線が変る


図のCの日に、株価は2235円へ上昇し、10%カギ足が陽転転しました。昨日までの今波動であった(B642)は前波動になり、新しい今波動の(S427)が生まれました。

Cの日の「波動パタンの情報の表」は以下のようになりました。

  1. 前波動は(B642)であり、前波動からの上値のメドは、2406円(中位)〜2687円(1/4位)である。
  2. 今波動は(S427)が生まれました。今波動からの上値のメドは、2266円(中位)〜2346円(1/4位)である。
  3. 次の下降波動の下値のメドは、1833円(中位)〜1632円(1/4位)である。

C高値を更新しても前波動基準の上限線は変らない


図のDの日に、株価は急騰して2500円になったと仮定しましょう。この上昇波動で一番高い株価になるわけです(仮のデータです)。

Dの日の「波動パタンの情報の表」は以下のようになりました。

  1. 前波動は(B642)であり、前波動からの上値のメドは、2406円(中位)〜2687円(1/4位)である。(前波動からの上値メドは変化しません。)
  2. 今波動は(S427)から(S227)へ変化しました。これによって、今波動からの上値のメドは、2647円(中位)〜2927円(1/4位)へと変りました。

    ((S427)より上値メドは高くなります。)
  3. 次の下降波動の下値のメドもやはり変化して、2075円(中位)〜1875円(1/4位)へとアップします。
以上のように、前波動基準の上限線・下限線は、その後株価がどのように変化しても、変ることはない。(すでに確定している前波動を基準にしているから) ということをわかっておいて下さい。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..