1409《デンドラ》操作事典
 [1409] 最新日確認ボタン

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

どこまで採集できているかを調べる

各波動で、何年何月何日までの波動パタンが採集できているのかを調べたいときがあります。

5%波動は2009年6月30日まで採集できているのに、10%波動は2004年6月30日までしか採集できていない、というのでは困ります。(間違いではないが) できるだけ各波動は、同じ日までの採集をしておきたいところです。

あるいは、例えば8%波動について、その後の波動を追加採集したいとき、今の8%波動は何年何月何日までの採集ができているかを知っておかねば、不都合が起こります。


2006年6月30日までの採集ができているとき、
  1. 採集の期間を、2007年1月1日〜2009年6月30日としたら、2006年7月1日〜2006年12月30日 の波動の採集が漏れてしまいます。

  2. 採集の期間を、2006年1月1日〜2009年6月30日としたら、2006年1月1日〜2006年6月30日の波動が二重に採集されてしまいます。
どちらも間違いです。

特に波動を追加するときは、採集期間が飛んでいないか、あるいはダブっていないか、に注意せねばなりません。そのためには「最新日確認」を必ずしておくことです。

@10%波動の最新日を調べる

  1. 波動のリストから、HADO1000 をクリックして、

  2. 「使う波動」欄(青色)にHADO1000 を表示させます。

  3. 「最新日確認(Y)」をクリックします。



  4. 「波動分類の最新日付」の画面が現れ、HADO1000 と表示されています。

  5. 「開始(Y)」ボタンをクリックすると、



  6. すべての下降パタン(番号は000〜999)と上昇パタン(番号は000〜999)に採集されている波動を調べます。



  7. 最新日がわかりました。

    ・最新日付は、20090630 (2009年6月30日)
    ・最古日付は、19910801 (1911年8月1日)
    となっています。

    もし10%波動について、波動を追加採集するときは、この090630以降の日から採集せねばなりません。

  8. 「キャンセル」ボタンで、この画面は終わります。

Aまだ分類ができていない波動パタンの最新日を調べる


5%波動は、1403 波動を新規に採集する で例にしましたが、まだ採集をしただけで、分類はすんでいません。分類ができていない波動でも、「最新日確認」はできます。
  1. 「使う波動」欄を、HADO0500 にします。

  2. 下降パタン欄にパタン番号が表示されるのは、採集ができているからです。(採集ができていないと、パタン番号のリストはでない)

  3. しかし各パタンの情報が表示されないので、まだ分類ができていないことがわかります。

  4. 「開始(Y)」ボタンをクリックすると、



  5. 最新日を調べます。最新日は 20090630 (2009年6月30日)となっています。
このように未分類の波動パタンであっても最新日はわかります。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..