1225 《デンドラ》操作事典
 [1225] 検索例@(前波動パタンだけ)

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

前波動パタンだけで検索する


前波動のパタンを使って検索するのは、どういうときでしょうか。前波動の情報には、次の波動の(ということは今波動の)情報があります。

「前波動」の情報のうちの「上昇率」が大きいものを検索すれば、今波動の上昇波動が大きいと思われる銘柄がピックアップできます。

逆に「前波動」の情報のうちの「下落率」が大きいものを検索すれば、今波動の下降波動が大きいと思われる銘柄がピックアップできます。

図は、4118「カネカ」の10%波動ですが、
  1. の日の今波動は上昇波動であり、パタンは(S634)です。

  2. この前波動は下降波動であり、

  3. パタンは(B328)です。(B328)の上昇率は、27.0%とあるので、次の波動(ということは今波動)の上昇幅は大きいことが予想されます。


このように前波動から今波動の波動の大きさがある程度わかります。前波動を使って銘柄を検索してみます。

@検索条件の設定

(前波動のパタン)だけで検索したいときは、「今波動」の検索パタンファイルは重要パタンを記憶していないもの(図ではNo.99)を指定しておくことが肝心です。

  1. 条件表は、No.188「DEN 順位相関の売買」を指示しました。

  2. 「買い条件」の前波動は「下降波動」で、使う検索パタンファイルNo.=20。(検索パタンファイルNo.20には、「次の上昇率が20%以上の下降パタンが重要パタンとして記憶されています。)

  3. 「買い条件」の今波動は「上昇波動」で、使う検索パタンファイルNo.=99。(検索パタンファイルNo.99には、重要パタンは記憶されていないので、今波動(上昇パタン)は無視されます。)

  4. 「売り条件」の前波動は「上昇波動」で、使う検索パタンファイルNo.=19。(検索パタンファイルNo.19には、「次の下落率が15%以上の上昇パタンが重要パタンとして記憶されています。)

  5. 「売り条件」の今波動は「下降波動」で、使う検索パタンファイルNo.=99。(検索パタンファイルNo.=99には、重要パタンは記憶されていないので、今波動(上昇パタン)は無視されます。)


  1. 検索期間は「100105」(2010年1月5日)までの「2」日間。

  2. 売買条件は「売買共」

  3. 検索のしかたは、「波動パタン+条件表で検索」

  4. 「表示する上限・下限線」は検索には無関係だが、ピックアップされたときに、見たい上限線や下限線を指定できます。 ここでは「前波動の中位線(下限線)」と「前波動の中位線(上限線)」を指示しました。

A検索結果のリスト

上記の検索条件で検索すると以下のような銘柄がピックアップされました。




2282「日ハム」は、100104(2010年1月4日) に前波動が(S427)の重要パタンであったので「売り」で検索されています。左から順に各項目を上げると、
  1. 2282 日ハム   (コードと銘柄名)
  2. 「年月日」 100104 9.Sa (100104に検索された。それは9日前のことである。売り(S)である)
  3. 「終値」 1057 (株価は1057円)

  4. 「前波P」 ○427  (前の波動パタンは○427の上昇パタンである)
  5. 「今波P」 ●264  (今の波動パタンは●264の下降パタンである)
  6. 「BS」 -*   (前の*は買いで使う重要パタンに該当する。後ろの*は売りで使う重要パタンに該当している。該当していないときは--となる)

     
  7. 「A線」 982   (この例では「前波動中位の下限線」を指定している。下限線の水準は982円である。)
  8. 「KD%」 7.7 (下限線からのカイリ率は+7.7%=1057÷982×100-100)

  9. 「B線」 1210*   (この例では「前波動中位の上限線」を指定している。上限線の水準は1210円である。*は売りで使ったパタン(ここでは○427が重要パタンであることを表す。*がないときは重要パタンではない)
  10. 「KD%」 -12.7 (上限線からのカイリ率は-12.7%=1057÷1210×100-100)
9987「スズケン」は、100105(2010年1月5日) に前波動が(B454)の重要パタンであったので「買い」で検索されています。左から順に各項目を上げると、
  1. 9987 スズケン  (コードと銘柄名)
  2. 「年月日」 100105 8.Ba (100105に検索された。それは8日前のことである。買い(B)である)
  3. 「終値」 3070 (株価は3070円)

  4. 「前波P」 ●454  (前の波動パタンは●454の下降パタンである)
  5. 「今波P」 ○242  (今の波動パタンは○242の上昇パタンである)
  6. 「BS」 *-   (前の*は買いで使う重要パタンに該当する。後ろの*は売りで使う重要パタンに該当している。該当していないときは--となる)

  7. 「A線」 2421*   (この例では「前波動中位の下限線」を指定している。下限線の水準は2421円である。*は買いで使ったパタン(ここでは●454が重要パタンであることを表す。)
  8. 「KD%」 26.8 (下限線からのカイリ率は+26.8%=3070÷2421×100-100)

  9. 「B線」 2856    (この例では「前波動中位の上限線」を指定している。上限線の水準は2856円である。)
  10. 「KD%」 7.5 (上限線からのカイリ率は+7.5%=3070÷2856×100-100)

図は、2282「日ハム」の10%波動のグラフです。前波動の上限線(中位)は赤色・下限線(中位)は茶色 で、上限線(1/4位)はピンク色・下限線(1/4位)は紫色で表示されています。

前波動のパタンの(S427)を見ると、
  • 平均下落率は、22.0%
  • 下限線(中位)は982円
  • 上限線(中位)は1210円
とあります。下落率が15%以上あるのでピックアップされたことがわかります。

まだ売りの余地があるかですが、前波動(中位)の下限線は982円の水準であり、現在株価は1057円であるので、+7.7%(=1057÷982×100-100)ほど下限線より高い、この分だけさらに下落すると推定できます。


図は、9987「スズケン」の10%波動のグラフです。前波動の上限線(中位)は赤色・下限線(中位)は茶色 で、上限線(1/4位)はピンク色・下限線(1/4位)は紫色で表示されています。

前波動のパタンの(B454)を見ると、
  • 平均上昇率は、30.0%
  • 下限線(中位)は2421円
  • 上限線(中位)は3233円
とあります。上昇率が20%以上あるのでピックアップされたことがわかります。

まだ買いの余地があるかですが、前波動(中位)の上限線は2856円の水準であり、現在株価は3070円であるので、+7.5%(=3070÷2856×100-100)ほど上限線より高くなっています。これ以上の上昇をする可能性は少ないと推定できます。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..