1201 《デンドラ》操作事典
 [1201] 検索条件の意味するもの

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

検索条件とは


《デンドラ24》の「上限下限の検索」は、

(図の@)条件表の売買マークがでているか?

(図のA)その日の波動パタンが重要パタンであるか?

(図のB)上限線・下限線からのカイリ率が満足しているか?

について、検索条件をつけることができます。組み合わせしだいで、
  1. この3つがそろった日を検索することができるし、

  2. 重要パタンと上限・下限線からのカイリ率の2つがそろった日

  3. 条件表の売買マークと上限・下限線からのカイリ率の2つがそろった日

    カイリ率を-999〜999と指定すれば、
  4. 条件表の売買マークと重要パタンがそろった日
  5. 重要パタンの日
  6. 条件表の売買マークの日
なども検索することができます。

@買いの検索条件



図では「買い」の検索条件は以下のように指定しています。
  1. (標準3)の「条件表No.2」が買いマークをだしたとき。
  2. 今波動が「下降波動」であり、そのときの波動パタンが「検索パタンファイルNo.20」が記憶している重要パタンであったとき。
  3. その日の株価と「今波動基準(中位)」の「下限線」からのカイリ率が、「-10%〜0%」の範囲内にあるとき。
    上記の1.2.3.が全部満足した日を検索してもよいし、

  4. 「検索のしかた」で、

    1. 3つとも(波動パタン+カイリ+条件表)が合致したときに検索
    2. 2つ(波動パタン+カイリ)が合致したときに検索
    3. 2つ(条件表+カイリ)が合致したときに検索

    を指示することができます。

図のA〜Eは変更することができます。同じ「買い」の検索条件ながら、右図では、
  1. 今波動が「上昇波動」であり、
  2. そのときの波動パタンが「検索パタンファイルNo.6」が記憶している重要パタンであったとき。
  3. その日の株価と「今波動基準(1/4位)」の
  4. 「上限線」からのカイリ率が、
  5. 「-999%〜-15%」の範囲内にあるとき。
と設定しています。上図では「下降波動」にあるときに買いという「逆張り」の買いでしたが、この例では「上昇波動」にあるときに買うので「順張り」の買いです。

A売りの検索条件

図では「売り」の検索条件は以下のように指定しています。
  1. (標準3)の「条件表No.2」が売りマークをだしたとき。
  2. 今波動が「上昇波動」であり、そのときの波動パタンが「検索パタンファイルNo.19」が記憶している重要パタンであったとき。
  3. その日の株価と「今波動基準(中位)」の「上限線」からのカイリ率が、「15%〜999%」の範囲内にあるとき。
    上記の1.2.3.が全部満足した日を検索してもよいし、

  4. 「検索のしかた」で、

    1. 3つとも(波動パタン+カイリ+条件表)が合致したときに検索
    2. 2つ(波動パタン+カイリ)が合致したときに検索
    3. 2つ(条件表+カイリ)が合致したときに検索

    を指示することができます。


図のA〜Eは変更することができます。同じ「売り」の検索条件ながら、右図では、
  1. 今波動が「下降波動」であり、
  2. そのときの波動パタンが「検索パタンファイルNo.6」が記憶している重要パタンであったとき。
  3. その日の株価と「今波動基準(中位)」の
  4. 「下限線」からのカイリ率が、
  5. 「+10%〜999%」の範囲内にあるとき。
と設定しています。上図では「上昇波動」にあるときに売りという「逆張り」の売りでしたが、この例では「下降波動」にあるときに売るので「順張り」の売りです。


B画面出力の指定

図の「検索期間」と「売買条件」欄の指定は、《カナル24》と同じものです。
  1. (売買共)は、検索で「買い」または「売り」となった銘柄を表示し、
  2. (買い)は、検索で「買い」となった銘柄を表示し、
  3. (売り)は、検索で「売り」となった銘柄を表示します。
  4. (無条件)は、検索で「買い」「売り」に関係なくすべての計算値を表示します。

C検索条件の組み合わせの指定

「買い」「売り」は、@条件表の売買マーク、A重要パタンかどうか、B上限線・下限線からのカイリ率、 の組み合わせで決定できます。
  1. (重要パタン)と(上限線・下限線からのカイリ率)と(条件表の売買マーク)の3つがそろったものを検索する。
  2. (重要パタン)と(上限線・下限線からのカイリ率)の2 つがそろったものを検索する。
  3. (条件表の売買マーク)と(上限線・下限線からのカイリ率)の2つがそろったものを検索する。
(上限線・下限線からのカイリ率)は必ず使われます。(もしカイリ率を無効にしたときは、カイリ率の欄を-999〜+999にすればよい)


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..