1126 《デンドラ》操作事典
 [1126] カギ足で波動パタンを見るA

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

カギ足グラフのメニュー


カギ足のグラフには、メニューがあります。図の@ABが主なものです。
  1. 同一例(S)は次章で説明します。

  2. 型番号(Q)は、カギ足の位置関係とパタン番号を表示します。

  3. 目盛り(M)は、カギ足グラフの株価の目盛りを変更します。

@株価の目盛りを変更する


図は 4502「武 田」の10%カギ足ですが、元の陰陽足のグラフとは別の画面で作図されます。

別の画面であるので、カギ足グラフの画面のサイズを変更すれば、画面の広さ(上下の幅)によって、株価の目盛り(図のA)は変化します。 図では、
  1. 元の陰陽足のグラフの株価目盛りは、3525, 3600, 3675, 3750, 3825, 3900, 3975 と75円キザミになっていますが、

  2. カギ足グラフの株価目盛りは、3000, 3500, 4000, 4500, 5000 ,5500, ・・・8000, 8500 の500 円キザミになっています。 これでは陰陽足とカギ足を対比することが難しいので、株価目盛りを同じキザミにします。


メニューの「目盛り(M)」をクリック。
  1. カギ足の株価目盛りは、陰陽足と同じキザミに変ります。(3450, 3525, 3800, 3875 ・・・4125, 4200, 4275 の75円キザミになっています。)

    もとのカギ足グラフの株価目盛りに戻したいときは、もう一度、メニューの「目盛り(M)」をクリックして下さい。

  2. なお波動パタンの情報の表示欄が、カギ足にかぶさるときは、この欄を移動できます。


  3. マウス(のカーソル)を図のCの青い□の位置に移動させ、ここでマウスの左ボタンをクリック(押し下げたまま)し、任意に位置にドラッグさせます。

  4. すきな位置で、マウスの左ボタンを離せば、図のように情報欄が移動できます。

A型番号を表示する


すべての2つの波動の位置関係は、0〜9のパタン番号(型番号)に分類できます。型番号は、下降波動どうしの位置関係である「下降パタン」と、上昇波動どうしの位置関係である「上昇パタン」の2通りがあります。
  1. カーソルがカギ足の陽線の位置にあるときに

  2. メニューの「型番号」をクリックすると、

    「上昇パタン」の型番号が表示されます。


  3. カーソルがカギ足の陰線の位置にあるときに

  4. メニューの「型番号」をクリックすると、

    「下降パタン」の型番号が表示されます。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..