1109 《デンドラ》操作事典
 [1109] パタン情報をグラフの外へ出す

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

グラフ画面とパタン情報部分


《デンドラ24》のグラフ画面の最下部には「パタン情報」を表示していますが、この部分をグラフ画面の外に出すことができます。

パタン情報部分がグラフ画面と一体になっていると、
  1. グラフの印刷をすれば、パタン情報も印刷できる。
    という利点がありますが、

  2. 陰陽足などを描く場所が上下に狭くなる。
    という欠点もあります。

  3. もしグラフを広く描かせたいなら「パタン情報」の部分をグラフ画面から外に出すことができます。

@パタン情報をグラフ画面の外に出す


「パタン情報」の部分の右端に「外枠表示」ボタンがあるので、これをクリックします。


図のように、「パタン情報」はグラフ画面とは別の画面に表示されます。

「波動パタンの情報」の画面はグラフ画面とは別のものですから、この画面だけを自由な位置に移動することができます。


「グラフ画面」と「波動パタンの情報」の画面は連動していますから、別の銘柄のグラフを描いたときは、ちゃんとその銘柄のパタン情報を表示します。

A外枠表示の情報はより詳しい

「パタン情報」の表示を「外枠表示」にしたとき、そのパタンの上昇率・下落率は3種類が表示されます。
次図で「下降」の下落率は左から順に@平均下落率(23.0%)、A中位下落率(M 20%)、B1/4位下落率(L 28%)となります。上昇率も同じく、左から順に@平均上昇率(18.0%)、A中位上昇率(M 15%)、B1/4位上昇率(H 20%)となります。

Bパタン情報をグラフ画面の内に入れる


「波動パタンの情報」をグラフ画面に入れるには、
  1. 「波動パタンの情報」の「X」ボタンをクリックするか、

  2. 「内枠表示」ボタンをクリックして下さい。


  3. これだけでは「波動パタンの情報」の画面が消えるだけです。(自動的にグラフ画面には表示されません)

  4. グラフを再描画させると、グラフ画面の内に表示されます。


グラフを再描画させるにはいくつか方法があります。
  1. 「次」の銘柄へ移る
  2. 「前」の銘柄へ戻る
  3. 「描画期間を変更」する
  4. 「陰陽足を縮小」する
  5. 「陰陽足を拡大」する
  6. 「最新の日付へ」戻す
などですが、一般には図のように「最新の日付へ」戻すのがよいでしょう。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..