1105 《デンドラ》操作事典
 [1105] 同期カギ足・陰陽区分・波動の折れ線

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

上昇波動か下降波動か?


図は1721「コムシス」のグラフです。グラフで欠けているのは、いつ陽転(上昇波動入り)し、いつ陰転(下降波動入り)したのかが不明なことです。
  1. このグラフは「10%波動」であることが、図の@の黄色欄に表示されています。

  2. カーソルを移動すると、この日の波動パタンの情報を知ることができます。

  3. 「上昇」欄に黒●がついているので、この日は上昇波動にあるということはわかります。しかし一見しただけでは、いつから波動の向きが変ったのかは不明です。

  4. 上昇中・下降中が一見してわかるようにするために、メニューの「波動の設定」をクリックして下さい。


  5. 現在は「同期カギ足を表示」と「陰陽区分を表示」のどちらにもチェックがついていません。


@同期カギ足を描く

  1. 「同期カギ足を表示」をチェックしました。カギ足は図の色指定によれば、

    • 陽線(上昇波動)は「紫色」で、
    • 陰線(下降波動)は「深緑色」で

    描画されます。


  2. グラフには陰陽足と同じ時間軸でカギ足が描画されます。カギ足と陰陽足が交差した日が、波動が転換した日です。

    1. の日にカギ足は上方に折れ曲がり、陽転しました。この日以降は上昇波動です。

    2. の日にカギ足は下方に折れ曲がり、陰転しました。この日以降は下降波動です。

    3. の日にカギ足は上方に折れ曲がり、陽転しました。この日以降は上昇波動です。


A陰陽区分を描く

  1. 「陰陽区分を表示」をチェックしました。陰陽区分(正確には上昇・下降の区分)は、図の色指定によれば、

    • 陽線(上昇波動中)は「ピンク色」で、
    • 陰線(下降波動中)は「空色」で

    描画されます。


  2. グラフ画面最上部の縦線が、上昇波動・下降波動を表しています。
    • 下降中は空色の短い線
    • 上昇中はピンク色のやや長い線
    で描画されています。
  1. 空色からピンク色に変った日が、陽転(上昇波動入り)した日で、
  2. ピンク色から空色に変った日が、陰転(下降波動入り)した日で、
  3. 空色からピンク色に変った日が、陽転(上昇波動入り)した日です。
「同期カギ足を表示」を使うよりも、「陰陽区分を表示」のほうが、画面がスッキリしているように見えますが、ユーザーの好みです。


B波動の折れ線を描く

「波動の折れ線を表示」をチェックしました。波動の折れ線は、図の色指定によれば、
  • 陽線(上昇波動中)は「赤色」で、
  • 陰線(下降波動中)は「青色」で
描画されます。


《デンドラ24》では、波動は株価終値で決定しています。グラフでは「主な株価」がザラバの高値や安値を表示しますが、これは終値ではないので、必ずしも波動のピーク・ボトムを示しているとは限りません。

この色指定では、「波動の折れ線」は、
  • ピーク→ボトムは青線
  • ボトム→ピークは赤線
で描画されています。

折れ線を見れば、どこが波動のピークで、どこが波動のボトムであるのか、がすぐにわかります。波動の下抜いたか、上抜いたかの判断もしやすくなります。

しかし、いつ陽転し陰転したのかは不明です。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..