1521《カナル24》操作事典
 [1521] カナルデータ→CSVファイルを作成

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

株価データをCSVファイルとして保存する

エクセルはデータについてさまざまな加工ができます。カナルで使っている株価データをCSVファイルに変換して保存すれば、エクセルの機能が全部利用できます。

株価データをCSVファイルに変換するには、
  1. 変換したい銘柄(複数でもよい)を選択しておいて、

  2. メニューの「データ(D)」→「株価データ」→「カナルデータ→CSVファイルを作成」をクリックすると、

  3. 図のようにその銘柄の株価データが表示されます。
これはカナルの株価データです。項目は順に
  1. 年月日(日付)
  2. 始値
  3. 高値
  4. 安値
  5. 終値
  6. 出来高
  7. 信用売り残
  8. 信用買い残
  9. 権利落ち調整係数
です。9項目あります。このうちから必要な項目をCSVファイルにすることができます。
  1. 「CSVのフォーム」欄に、必要な項目とその順番を指定します。

@CSVフォームの設定のしかた

CSVファイルに保存したい項目とその順番を指定して下さい。次図は、
    @年月日(日付)
    A始値
    B高値
    C安値
    D終値
    E出来高
の6項目を、この順番で保存しようとしています。

この指定のしかたは以下のようになります。
  1. 「No.1」の「項目」欄をクリックすると、「空色」に変わる。
  2. 「年月日」ボタンをクリックすると、No.1の項目は「日付」と表示される。

    以下同様にして、
  3. 「No.2」の「項目」欄をクリックすると、「空色」に変わる。
  4. 「始値」ボタンをクリックすると、No.2の項目は「始値」と表示される。
  5. 「No.3」の「項目」欄をクリックすると、「空色」に変わる。
  6. 「高値」ボタンをクリックすると、No.3の項目は「高値」と表示される。

年月日(日付)は特にその型式を指定することができます。

カナルの株価データの日付は、080226(2008年2月26日)のように6桁の数字ですが、「2008/2/26」のような型式で記憶させることができます。その指定のしかたは以下のようになります。
  1. 項目欄が「日付」になっている欄に「型式」(ここでは「No.1」の「型式」欄)をクリックすると、「空色」に変わる。
  2. 「年月日の型式」のボタンが表示されるので、ここから必要な型式を選ぶ。
型式のボタンは5つあります。2008年2月26日を例にすると、
    @ 2008/2/26  (YYYY/MM/DD)
    A 2008年2月26日  (YYYY年MM月DD日)
    B 08/02/26  (YY/MM/DD)
    C 02/26/08  (MM/DD/YY)
    D 080226   (「なし」のボタン)
「なし」のボタンは、カナルの日付と同じ型式です。

Aテスト変換

  1. 上図のCSVフォームでCSVにするとどうなるかは、「変換」ボタンで確認できます。
  2. 黄色の欄が、CSVファイルに変換されたときの内容です。

    最上行を例にすると、

    @日付 80227
    A始値 14050
    B高値 14130
    C安値 13950
    D終値 14030
    E出来高 97836

    の6項目を、この順にCSVファイルとして保存することが確かめられます。

  3. 「ファイル保存」ボタンをクリックすれば、黄色欄の数字がCSVファイルとして保存できますが、その前にまだ指定すべきものがあります。

B保存の指定をする

黄色欄に表示されている数字をCSVファイルに保存するには、以下のことを指定しなければなりません。
  1. 全部の行(500日分のデータがあれば500行ある)を記憶するのか?
  2. 日付の順番は新しい順か古い順か?
の2つです。

日付の順逆

「日付順逆」ボタンをクリックすると、図のように古い日付順に変わります。

もういちどクリックすると、もとの新しい日付順になります。

必要に応じて、日付を適切な順番にして下さい。

記憶する行を選択する

CVSファイルに保存できるのは、黄色欄で選択し紺色になっている行です。

図のように必要な行を選択して保存しますが、全部の行を選択したいときは「全部選択」ボタンをクリックします。

全部の行(ここでは500行)が選択されます。

C保存する

「ファイル保存」ボタンをクリック。
保存先を聞いてきます。
  1. 「保存する場所」を指定します。(例はMy Documntsフォルダを指定)

  2. My Documentsフォルダにあるファイルが表示されます。

  3. 「ファイルの種類」は▼ボタンをクリックして、「CSVファイル」を表示させます。

  4. 「ファイル名」を入力します。(例は、nikkei225 としました。「.csv」は入力しない)

  5. 「保存」ボタンをクリックすれば、nikkei225.csvというファイル名で、上図のCSVデータが記憶されます。

Dエクセルで開く

保存したnikkei225.csvファイルをエクセルで読み込むと、図のようになります。

読み込みができると、エクセルの全機能を使って、このデータの加工ができます。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..