1504《カナル24》操作事典
 [1504] 株価データを1行追加する

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

●この章は、1503 株価データの一部を修正するの続きです。

株価データを1行追加する

1銘柄ごとに株価データを変更するには、メニューの「データ修正」を使います。

「データ修正」は、その銘柄の全株価データを表示しておいて、
  1. 株価データの一部を修正する
  2. 株価データを1行追加する(本章)
  3. 株価データの一部を抹消する
  4. 株価をX倍する
  5. 権利落ちを記憶させる
  6. 株価データをテキストファイルに保存する
が行えます。株価データを変更(本章では1行追加)するには、
  1. 修正したい銘柄(複数でもよい)を選択して、紺色にしておいて、
  2. スタート画面のメニューの「データ(D)」→「株価データ」→「データ修正」をクリックします。
  3. またはツールバーの「リストの絵」をクリックします。

@「追加」ボタン

図のNo.7行の080218(2008年2月18日)とNo.8行の080215(2008年2月15日)の間に、080216(2008年2月16日)の株価データを追加してみます。
  1. 追加したい行をクリックして紺色にします。例ではNo.8行目に080216を追加したいので、No.8行を紺色にします。
    (ダブルクリックしてはいけません。ダブルクリックするとその行の修正になります。)

  2. 画面下部にある「追加」ボタンをクリックします。
  1. もとのNo.8行以下の行は1つずつ繰り下げられ、No.8行が空白行になります。

  2. 株価データの入力画面が現れます。ここにはNo.8行の数値が表示されているので、全欄が0になっています。

A空白行に入力する

年月日欄〜権利落ち欄の数値を入力します。下図は以下のキー操作で入力しました。

  1. No.8  (入力はできない)
  2. 年月日 = 080216 [tab]   (または[Enter]。以下[tab]でも[Enter]でもよい)
  3. 始値 = 180 [tab]
  4. 高値 = 182 [tab]
  5. 安値 = 178 [tab]
  6. 終値 = 181 [tab]
  7. 出来高= 226 [tab]  (売り残、買い残、権利落ちの3欄には入力しませんでした。)
  8. 「OK」ボタンをクリックして入力を終ります。
●入力できる数値の範囲は以下のような制限がありますから、この範囲の数値を入れて下さい。
  1. 年月日は、6桁のyymmdd。yyは西暦下2桁。
    050803は2005年8月3日、001127は2000年11月27日、980601は1998年6月1日

  2. 始値・高値・安値・終値は、1〜65000までの整数。
    3590は3590円。65000円以上の株価は1桁落として記憶する。

  3. 出来高は、1〜999999までの整数。(通常は100株か千株単位)

  4. 週足デ-タの売り残・買い残は、1〜65000までの整数。(出来高の10倍の単位)

  5. 権利落ちは、0〜99.9999までの小数。
●なおこの例では使いませんでしたが。データ入力の画面には、「Space」「全項目同値」の表示があります。

  1. [Spase]は、始値に180 と入力し、高値欄で[Space]キーを打つと、左の始値欄と同じ数値(180)が高値欄に入ります。安値欄で[Space]を押すと、左の高値欄と同じ数値(180)が安値欄に入ります。
    左欄の数値と同じ数値を入力したいときは、[Space]キーを1つ打てばよいわけです。

  2. 全項目同値は、始値欄に180と入力した後、「全項目同値」の□欄をクリックすると、高値・安値・終値欄に180の数値が入ります。株価が1本値(始値・高値・安値・終値が同じ値段)のときは、これを使うと便利です。

B1行が追加できた

データ入力画面は消え、株価データのリストが再表示されます。

No.8行に080216(2008年2月16日)の株価データが入っています。

C株価データを記憶する

株価データのリストは修正されていますが、まだこの株価データは記憶されていません。記憶するには、
  1. メニューの「次へ」「前へ」「銘柄」をクリックして、この銘柄の株価データリストから別の銘柄へ移るように指示したときか、

  2. 画面下部の「終了」ボタンをクリックして、すべてのデータ修正を終了して、スタート画面に戻るように指示したときに、

  3. このデータを記憶しますか?と聞いてくるので、「はい」をクリックしたときです。

  4. 「いいえ」をクリックすると、株価データのリストは記憶されません。間違って株価データ(のリスト)を修正してしまったようなときは「いいえ」で、記憶をさせなければよいのです。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..