1410《カナル24》操作事典
 [1410] 結果ファイルに記憶する

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

銘柄一覧表の管理は、メニューの「銘柄(M)」→「登録抹消変更」をクリックして、「銘柄メンテナンス」の画面を出して下さい。ここでは「結果記憶」の説明をします。

銘柄を結果ファイルへ記憶する


銘柄一覧表から銘柄を選択すると紺色になりますが、この紺色になっている銘柄を結果ファイルに記憶させることができます。

これは「結果ファイルのメンテナンス」(1451 結果ファイルに銘柄を登録するを参照)と同じ機能です。

銘柄を選択する方法は4通りあります。
  1. 個別選択=1つ1つ銘柄を選択します。
  2. 全部選択=まとめて全銘柄を選択します。
  3. 結果ファイル=結果ファイルに記憶している銘柄を選択します。
  4. 連続選択=コード欄に証券コードを入力して選択します。
●この4方法については、1020 銘柄を選択する方法を参照して下さい。

@銘柄をチェックする方法

銘柄メンテナンスの画面では、自動的に銘柄を見つけ、銘柄を選択(紺色)にする次のような機能がありました。
  1. 「上場廃止」は、データの最新日が古い日付の銘柄を見つけます。
  2. 「データ数チェック」は、データ数の少ない銘柄を見つけます。
  3. 「不明銘柄名」は、銘柄名が「・K!V!V!V」になっている銘柄を見つけます。
これを使って選択された銘柄を、結果ファイルに保存してもよいわけです。

A銘柄を選択する

上記のいずれか(自由に銘柄を選ぶ、または銘柄を見つける)の方法で、結果ファイルに記憶させたい銘柄を紺色にしておいて、メニューの「結果記憶」をクリックして下さい。

またはツールバーの「ノートに記入」の絵をクリック。

B結果ファイルに記憶する

  1. 結果ファイルに記憶するかの確認をしてきます。

    「はい(Y)」をクリックします。
  1. 結果ファイルの一覧表が現れます。適当な結果ファイルNo.を選択して下さい。

    図ではNo.220を指定しました。

  2. 「OK」ボタンで記憶します。


この「銘柄メンテナンス」の「結果記憶」を使って結果ファイルに記憶させると、タイトルはすべて「銘柄チェック」になります。

図では、13銘柄を記憶しています。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..