1316《カナル24》操作事典
 [1316] 売買条件の不買と不売について

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

買わない/売らない設定の意味


図の条件表では、No.3行に、「13日順位相関が-80以下のとき買い」の条件をつけています。売買条件がついているのは、この1行だけであり、最もシンプルな条件表です。

シンプルな買いマーク

上記の条件表では、図のような位置で買いマークを出します。

順位相関が-80以下になった日にはすべて買いマーク(↑)がついています。これは少しマークの出すぎです。

売買マークを絞るには
  1. 別の売買条件を追加する
  2. 「不買」や「不売」の条件を追加する
の2つの方法があります。

@買い条件を追加して売買マークを制限する


多く出るマークを絞るには、別の角度からの条件を追加すればよいので、図のNo.4行とNo.5行のように、「25日線からのカイリ率が-15以下で買い」の売買条件を追加しました。これによって、
  1. No.3行の「13日順位相関が-80以下のとき買い」と、
  2. No.5行の「25日線からのカイリ率が-15以下で買い」
が同時に満足された日だけに買いマークが出ることになります。

この条件表を使ってグラフを描くと、図のように買いマークは絞られます。

ただ@はよいとしてもAは305円の高値をつけてから-30%以上の下落をして、ひと相場が終ったところです。これを排除するにはどうすればよいのでしょうか。

上図の条件表でしたように、@の場所にだけ現れて、Aの場所では現れないような、別のチャート(条件の行)を追加するのも1つの方法です。しかしそう都合のよいチャートがあるのかが問題です。

図を見ると、Aは305円の高値をだした直後(12日目)であることがすぐにわかります。条件を追加して絞るのではなく「高値を出した直後には、買いマークはつけない」という条件が設定できるならば、簡単です。

A「不買」の条件を設定して売買マークを制限する


図のように、No.6行に「不買」の条件を追加しました。
  1. No.3行の「13日順位相関が-80以下のとき買い」と、
  2. No.5行の「25日線からのカイリ率が-15以下で買い」
  3. しかしNo.6行の、25日平均線のカイリ率が(30日前〜当日までの間に)15%以上の日があれば、「買わない」
ということになります。@Aの条件に合致していても、Bの条件に合致したときは買いマークはでません。

グラフ

グラフでみると、25日線からのカイリ率が15%を超えた日から30日間は、Bの条件に合致するので、買いマークは出ていません。

このように「不買」(「不売」も同じ)の条件をつければ、条件表が簡単になります。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..