1311《カナル24》操作事典
 [1311] 加工に必要なパラメータ

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

加工のパラメータ

多くの「加工」はパラメータを必要とします。

例えば、25日「平均」の25とか、13日「相対力」の13がパラメータです。

パラメータは条件表の「パラメータ」欄に設定します。

@加工によってパラメータは異なる

図の各行には、いろいろ加工が設定されてありますが、全部がパラメータを必要としているわけではありません。
  1. 「加工なし」はパラメータは不要です。
  2. 「平均」は、XX日間の平均値のパラメータが必要。
  3. 「カイリ率」はパラメータは不要。(その替わり「副データ」が必要。)
  4. 「向き日数」はパラメータは不要。
  5. 「主な株価」はパラメータは不要。
  6. 「相対力」は、XX日間の相対力のパラメータが必要。
  7. 「最大日数」「最小日数」には、XX日間の最大(最小)のパラメータが必要。
  8. 「順位相関」は、XX日間の順位相関のパラメータが必要。
  9. 「過去比率」は、XX日前と比較するのかのパラメータが必要。

Aパラメータは表示される

ある加工がどのようなパラメータを必要とするのかを覚える必要はありません。

「加工」を決めれば、必要なパラメータが「パラメータ」欄に表示されます。

(パラメータが必要でなければ、パラメータ欄には何も表示されません。)

例として「回帰曲線」を設定してみましょう。
  1. 「加工」欄をクリックして、加工のリストから「回帰曲線」をダブルクリックして選択します。

  2. 加工欄に「回帰曲線」が入ると同時に、「パラメータ」欄に、「の  0日」の文字が表示されます。

    回帰曲線にはXX日のパラメータを入力せねばならないことがわかります。

  3. パラメータ欄をクリックして、画面下段にパラメータ(数字・25 日)を入力し、

    「設定(Y)」ボタンをクリックします。

    これで必要なパラメータの入力ができました。

Bパラメータが不要の加工もある

加工によってはパラメータが不要です。

図のように加工に「カイリ率」を設定したとき、パラメータ欄は空白のままになっています。

「カイリ率」はパラメータが不要であることがわかります。

このようにパラメータは「加工」によって決まりますから、条件表を設定するときは、先に「加工」を決めるのがよいのです。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..