1241《カナル24》操作事典
 [1241] 絞り込み検索の順序の設定

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

絞り込み検索の順序

「絞り込み」をするためには、検索で使う@条件ファイルNo.とA条件表No.とBその順序を決めておかねばなりません。

1回の絞り込みで使える条件表は最大50個までですが、これらを毎回指定することは面倒です。そこでA〜Iの9個のグループに、絞り込みで使う条件表を登録できるようになっています。

図のAグループは、
  1. 「週足」の(標準3)条件ファイルの条件表No.059で検索し、

  2. 「日足」の(標準3条件ファイルの条件表No.002で検索する。
の、2つの条件表が設定されています。絞り込みに際しては、Aグループを指定すれば、この順に検索してくれます。

@グループを登録する

Dグループへ登録してみましょう。 登録するのは、
  1. 「週足」の(標準3)条件ファイルの条件表No.076で検索し、

  2. 「日足」の(標準3)条件ファイルの条件表No.101で検索する。
の2つとしましょう。
  1. 「グループ」欄から、Dグループをクリックして紺色にします。

  2. 「検索順序」欄には、Dグループに登録されている内容が表示されます。(まだ登録してないので空白になっている)

  3. 「順序設定」ボタンをクリック。

A条件ファイルの選択

「条件ファイルの選択」の欄が現れます。
  1. まず「検索順序」欄の1行目をクリックして、紺色にします。(ここに条件表No.が入ります)

  2. 使いたいデータ(日足・週足・月足)および条件ファイルNo.(標準3〜拡張9)に変更し、

  3. 「条件ファイルの選択」欄から設定したい条件表No.をダブルクリックします。(ここでは「週足」の( 標準3)の条件表No.76「信用買残がピークの30%」を指定)

  4. 図のように、「検索順序」欄の1行目に、「週足」の(標準3)条件表No.76「信用買残がピークの30%」が入りました。

  5. 続いて「検索順序」欄の2行目を設定します。

    「検索順序」欄の2行目をクリック。

  6. 日足データを使うので、「日足」を指定し、使いたい条件ファイルNo.(標準3)にし、

  7. 「条件ファイルの選択」欄から、条件表No.101「13日相対力の偏差帯」をダブルクリック。

B順序を記憶

  1. こうして「検索順序」を設定したら、

  2. 「順序記憶」ボタンをクリックします。
Dグループには、図の2つの条件表が登録されます。

検索順序欄の抹消のしかた

グループに登録されている条件検索は、あとで修正することができます。

「検索順序」欄のうち抹消したい条件表No.があれば、
  1. 抹消したい条件表No.の行をクリックして紺色にし、

  2. 「抹消」ボタンをクリック
すれば、その条件表は抹消されます。

検索順序欄の追加のしかた

「検索順序」欄へ追加したい条件表No.があれば、
  1. 追加したいNo.の行をクリックして紺色にし、

    (例えば1行目と2行目の間にに追加したいとするなら、2行目を指定する)

  2. 「追加」ボタンをクリックします。

  3. その行から下にある行が繰り下げられ、その行は空白になります。

    (例では2行目を指定していれば、2行目以下の行は繰り下げられ、2行目が空白になる)

  4. 空白となった2行目をクリックして紺色にし、「条件ファイルの選択」欄から条件表No.を選択すればよいのです。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..