1188《カナル24》操作事典
 [1188] フリードローで図形を描く

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

登録数値とフリードロー

図は、6702「富士通」のグラフです。ここには1本の「登録数値」が表示されています。@は高値傾向線です。

「登録数値」は記憶できますから、次回に6702「富士通」を描画したとき、同じものが自動的に表示されます。

1182 傾向線の登録のしかたA1183 戻り・押し水準の登録のしかたBを参照。)

フリードロー

図は、「登録数値」ではなく、「フリードロー」の機能を使って、グラフ上に図形を描いています。@は直線、Aは長方形、Bは円、です。

フリードローで描いた図形はこの場限りのもので、記憶はできませんが、ハードコピーをとる前に、注目する箇所に図形を描いておくなどに使えます。

●なおグラフ画面を印刷するときに、1121 ペイントを使った画面の印刷を使えば「ペイント」プログラムで、グラフ画面の上に文字を書いたり、線・円・方形を上書きすることができます。

メニューとツールバー

フリードローを使うには、メニューの「表示(T)」→「フリードロー」をクリックします。

またはツールバーの鉛筆の絵をクリックして下さい。

フリードロー指定の画面

フリードローの指定画面がでます。この画面はグラフが隠れないような位置に移動させることができます。

移動させるには、
  1. マウスのカーソルを、フリードローの指定画面の左上角の青い□に合わせると、カーソルは十字型に変わります。

  2. このときマウスの左ボタンを押したまま、好きな位置へドラッグします。

  1. マウスの左ボタンを放せば、その位置にフリードローの指定画面が移動できます。

フリードローで指定すること

フリードローでは、次図の3つを決めます。
  1. 描く図形(直線・長方形・円のどれか)
  2. 線の太さ(3種類から選択)
  3. 線の色(16色から選択)


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..