1158《カナル24》操作事典
 [1158] グラフを日足から月足に切替える

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

日足から月足のグラフに

●前章の1157 グラフを日足から週足に切替えるの続きです。

図は 4502 武田の「日足」のグラフです。条件表No.7の「一目均衡表」を使って描画しています。

4502 武田の「月足」のグラフを見ることができます。

メニューの「日週(D)」→「月足を描画」をクリックするか、

ツールバーの「M」の絵をクリックします。

月足のグラフになった

4502 武田の「月足」が描画されます。しかし日足で使った条件表No.7の「一目均衡表」でなく、No.9「大底・吹き値売り」で描画されています。
  1. 条件表は、日足用・週足用・月足用の3種類がある。

  2. グラフで最後に使った条件表が、日足・週足・月足ごとに記憶されている。
という仕組みによります。

前回、月足のグラフを見たときに、No.9の条件表を使っていたから、今回もNo.9で描画されたのです。

別の条件表で月足のグラフを見たいなら、メニューの「条件(J)」→「別の条件で描画」(1150 別の条件でグラフを描き直す)で、条件表を変更して下さい。

日足・週足・月足の関係



日足からスタートしていて、臨時に月足(週足)に切替えたときは、上図のメニューやツールバーはどういう働きをするのでしょうか。
  1. 「日足を描画」(「D」)で、元の日足に戻ります。

  2. 「次(N)」(「<」)や「前(B)」(「>」)をクリックしたときは、次の「日足」の銘柄に進み、前の「日足」の銘柄に戻ります。(週足や月足は臨時的なものです)

  3. 「別の銘柄」(「一覧表の絵」)のときは、「月足」のままで別の月足の銘柄を選択することができます。

  4. その他の「自由結果」や「条件」や「期間」は「月足」のままで利用できます。
「次(N)」(「<」)や「前(B)」(「>」)の扱いには留意して下さい。主として週足(月足)のグラフを見たいなら、スタート画面で「週足」(「月足」)を指定してから、「グラフ」に進んで下さい。このときは週足(月足)がメインで、日足が臨時的なグラフになります。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..