1157《カナル24》操作事典
 [1157] グラフを日足から週足に切替える

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

週足のグラフを描く

日足のグラフを見たいなら、スタート画面で「日足」を指定しておきます。

週足(月足)のグラフを見たいなら、スタート画面で「週足」(「月足」)を指定してから、「グラフ」に進むのが普通です。

日足を指定してグラフに進んでから、今後は週足に切替える、といったことはできません。

ただグラフに表示している、その銘柄については臨時的に週足や月足のグラフに切替えることができます。(その後はまた日足に戻る)

図は 4502 武田の「日足」のグラフです。条件表No.7の「一目均衡表」を使って描画しています。

●チャート事典の2090 抵抗帯(一目均衡表で使う)を参照。

4502 武田の「週足」のグラフを見ることができます。

@ツールバーから週足のグラフに切替える

メニューの「日週(D)」→「週足を描画」をクリックするか、

ツールバーの「W」の絵をクリックします。

週足のグラフになった

4502 武田の「週足」が描画されます。

しかし日足で使った条件表No.7の「一目均衡表」でなく、No.1「日経平均用(90%)」で描画されています。これは、
  1. 条件表は、日足用・週足用・月足用の3種類がある。

  2. グラフで最後に使った条件表が、日足・週足・月足ごとに記憶されている。
という仕組みによります。

週足がNo.1「日経平均用(90%)」で描画されたのは、前回、週足のグラフを見たときに、No.1の条件表を使っていたからです。

週足の条件表を変更する

週足でも「一目均衡表」をみたいなら、メニューの「条件(J)」→「別の条件で描画」(1150 別の条件でグラフを描き直す)で、条件表を変更すればよいのです。

週足の条件表にも、同じ条件表No.7に「一目均衡表」があります。これを選択して下さい。

(ここで選択した条件表No.7が、週足グラフで使う条件表だとして記憶されます。)

週足の一目均衡表

4502「武田」の「週足」の「一目均衡表」がグラフにされました。

日足でも抵抗帯(雲)を下抜いていましたが、週足もまた抵抗帯の下方にあります。4502「武田」は下降トレンドにあることがわかります。

日足に戻す

4502 武田の「日足」に戻りたければ、メニューの「日週(D)」→「日足を描画」をクリックするか、ツールバーの「D」の絵をクリックします。

もとの日足の「一目均衡表」のグラフに戻ります。(条件表も日足用の条件表No.に戻る)

●なお関連があるので、次章の1158 グラフを日足から月足に切替えるも参照して下さい。



Aスクラムバーから週足のグラフに切替える

図のようにスクラムバーを表示しているときは、No.1〜No.10の「鉛筆」ボタンをクリックすることで、「鉛筆」に登録してある(@日週月足、A条件ファイルNo.、B条件表No.)を使ってグラフを切り替えることができます。

図は、「スクラム内容」ボタンをクリックして「スクラム一覧表」を表示させています。ここにNo.1〜No.10の鉛筆にはどのような条件表が登録されているのかが表示されています。

No.10の鉛筆には(@週足の、A条件ファイル(標準3)の、B条件表No.7)が登録されています。

No.10の「鉛筆」ボタンをクリックすれば、@週足に切り替えられ、A条件ファイル(標準3)の、B条件表No.7(一目均衡表)でグラフが書き換えられます。

1103 グラフのスクラムバーを参照。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..