1121《カナル24》操作事典
 [1121] ペイントを使った画面の印刷

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

「ペイント」を使った印刷

前章の1120 グラフのハードコピーで、グラフ画面をプリンターに印刷する1つの方法を説明しました。

ここではwindowsについている「ペイント」ソフトを使って印刷する方法を説明します。

印刷したいグラフを表示しておいて、メニューの「印刷(P)」をクリックして下さい。(「印刷(P)」をクリックする替わりに、ツールバーの絵をクリックすることもできます。)

「グラフの印刷」の画面が現れます。ここまでは前章と同じです。

「印刷」ボタンはプログラムが直接にプリンターに印刷命令を出しますが、「ペイントブラシ」ボタンをクリックすると、Windowsが用意している「ペイント」(画像処理ソフト)プログラムを使って印刷することができます。

ペイント・ブラシ

メニューの「ペイントブラシ(P)」をクリックするとすれば、windows,98,Me,XP などに付属している「ペイント(ペイントブラシ)」というソフトが呼び出されます。

「ペイント」が現れたら、(タイトルに「無題-ペイント」と表示されています)メニューの「編集(E)」をクリックし、「貼り付け(P)」をクリックして下さい。

「クリップボードの絵はビットマップより大きいです。ピットマップを大きくしますか?」と聞いてきたときは、「はい(Y)」をクリックして下さい。

一番上の図の5713「住友鉱」のグラフ画面が、ペイントの空白欄に貼り付けられます。

メニューの「ファイル(F)」をクリックし、「印刷(P)」をクリックして下さい。貼り付けられている(5713「住友鉱」)のグラフ画面がプリンターに印刷されます。

ペイントを使う利点

「ペイント」ソフトは、その名のように「お絵描き」のソフトです。図のように貼りつけられているグラフの上に、文字を入れたり、図形を描いたり、色をつけたり、することができます。

図のように付け加えたあとで、「ファイル(F)」→「印刷(P)」をすると、付け加えたものも印刷できます。

ペイントのメニューの「ファイル(F)」→「名前をつけて保存(A)」をクリックすれば、この画像をファイルにして保存することができます。

画像のファイルはメールに添付したり、別のソフトで利用することができます。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..