1027《カナル24》操作事典
 [1027] 株価データの入手方法

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

《カナル24》で使うデータの入手のしかたについて説明します。

@株価データ(1日分)を入手したとき

カナルで使う株価データは、

@東証・JQの各市場に上場されている約3800銘柄について、

A過去2200本(日足なら2200日、週足なら2200週、月足なら2200月)をファイルに記憶させたものです。

これがどのくらいの量になるかというと、2200日分×3800銘柄=延べ190万日分の量になります。この全部を毎日受信することは難しいので、通常は3800銘柄の1日分のデータを1つのファイルにしたものを入手します。

1日分のデータを入手したら、入手先によって図のどれかの「データ変換」機能を使ってカナルのデータに変換します。

株価データの形式は入手先によって全部異なる

1日分のデータはその形式(フォーマットという)が同じではありません。入手先ごとにことごとくが異なるといってもよいほどです。(逆に同じ形式のデータがあれば、それはどちらかが流用しているとみなしてよい)


右は「データゲット」から入手したときの日足データです。データ項目の順は次のようになっています。
  1. 年月日゙
  2. コード
  3. 市場区分
  4. 始値
  5. 高値
  6. 安値
  7. 終値
  8. 出来高

データゲットから入手したデータは「データゲットから変換」を使って《カナル24》のデータに変換します。

入手先と入手のしかた

《カナル24》が用意しているデータの入手先と特長をまとめました。

入手先 入手方法 入手できるデータ 料金 更新時間 特長
データゲット データゲット社のHPからダウンロードする @東証・名証・JQの1日分日足データ

A東証・名証・JQの信用残(週末)

1650円(30日)
4620円(90日)
15840円(365日)
PM7:00以降(実際はPM5:00ころ) @毎日ダウンロードしなくても、過去の日付のデータもダウンロードできます。(何度ダウンロードしてもよい)

Aダウンロードしたファイルは ZIPで圧縮されているので、解凍する必要がある。
1日CSV CSV形式で、1日分の株価データをファイルにしたものを入手できたときは、この機能でカナルに変換できます。 通常は、東証・JQの1日分日足データ

権利落ちや信用残はない。
無料 不明(これまではPM7:00以降というのが多かった) 以前はいくつかの個人のHPからCSV形式のデータをダウンロードすることができていましたが、現在この手のCSVファイルをダウンロードできるHPはほとんど無くなりました。

A株価データ(1銘柄ごと)を入手したとき


銘柄ごとに過去100日分とか1000日分の株価データをダウンロードできるHPがあります。

もしそのデータが「CSV形式」であれば《カナル24》の「データ」→「株価データ」→「CSVファイル→カナルデータへ変換」の機能を使って、最大500日分の株価データに変換することができます(カナルで利用できるデータにする)

「CSV形式」は、数字(項目)と数字(項目)を「,(カンマ」で区切ったものです。

図では、年月日,始値,高値,安値,終値,出来高,信用売残,信用買残,不明 の順に並んでいますが、「CSVファイル→カナルデータへ変換」では、年月日と株価(終値)の2つがあればカナルのデータに変換することができます。

詳しくはを参照して下さい。

B東研ソフトのWebからダウンロードできる株価データがある


データゲットから受信できないデータや一般的にはダウンロードできないデータを、東研ソフトは毎日Web(HP)にアップしているので、ユーザーはこれをダウンロードできます。

株価データは、図のように3種類あります。
  1. 国内株(6銘柄+市場データ)

  2. 海外株(6銘柄)

  3. 株式分割や併合があって株価桁数が変更となった銘柄あるいは間違いを修正した銘柄のデータ

どれも2200日分がまとめてダウンロードされます。詳しくは を参照。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..