1026《カナル24》操作事典
 [1026] カナルのデータの種類

目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..

《カナル24》で使うデータの種類について説明します。

データの種類

カナルで使うデータは次の2種類です。
  1. 株価データ
    (日足・週足・月足の3種類)

  2. 市場データ
    (日足・週足・月足の3種類)


@株価データ


株価データは、銘柄ごとに、@日足、A週足、B月足 の3種類があります。3800銘柄あると、3800個の日足データがあり、3800個の週足データがあり、3800個の月足データがあります。
  1. 日足は1日の株価の値動きを表すもので、@その日の始値、Aその日の高値、Bその日の安値、Cその日の終値、Dその日の出来高、を記憶しています。(右図)

  2. 週足は1週間の株価の値動きを表すもので、@その週の始値、Aその週の高値、Bその週の安値、Cその週の終値、Dその週の出来高、Eその週末の信用残(売り残と買い残)、を記憶しています。

  3. 月足は1月間の株価の値動きを表すもので、@その月の始値、Aその月の高値、Bその月の安値、Cその月の終値、Dその月の出来高、Eその月末の信用残(売り残と買い残)、を記憶しています。

  4. 対象とする期間が違うので、日足・週足・月足のデータの数字はそれぞれ異なります。


図では「日足」を指定しています。ここで1605 国際帝石 を選んでグラフを描かせると、

「日足」データを使って、日足のグラフが描画されます。週足を描画したいときは「週足」を指定して下さい。(グラフ画面の「D」(日足)・「W」(週足)・「M」(月足)をクリックすれば日足・週足・月足の切り替えができます。

なお株価データの桁数・データ値の制限・修正のしかたについては、
1501 株価データの仕様
1502 株価データの修正のしかた
を参照して下さい。

A市場データ

市場データは、市場全体の状況をつかむためのデータです。右図は市場データの内容です。
  1. 日付(年月日)
  2. 日経平均(終値)
  3. 値上り銘柄数
  4. 値下り銘柄数
  5. 成立銘柄数
  6. 上場銘柄数
  7. 連結PER
  8. 短期金利
  9. 長期金利
から成っています(3.〜7.は東証1部銘柄を対象にしている)

市場全体のデータなので、@日足、A週足、B月足 のそれぞれに1個の市場データがあるだけです。


市場データがあれば、次のようなグラフを描かせることができます。
  1. 騰落レシオ(値上り銘柄数と値下り銘柄数を利用する)

  2. 連結PER(PERを利用する)

  3. 短期金利・長期金利の平均グラフ
図は、25日騰落レシオをグラフにしたものです。

なお市場データの桁数・データ値の制限・修正のしかたについては、
1530 市場データの仕様
1531 市場データの修正のしかた
を参照して下さい。


目次へ.. 前頁へ.. 次頁へ..